体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カウンセラーが教える、睡眠前にやるべき「6つの行動」

生活・趣味
Sleepless woman

過去に「不眠症」で悩んでいたというメンタルカウンセラーのAdelma Lilliston氏。彼女を救ったのが「無理に眠ろうとしない」という発想の転換だったそう。
そんな彼女が「mindbodygreen」で書いたこの記事。カウンセラーならではの視点も、しっかりと入っています。

01.
ベッドに入る前は
スマホとPCをOFFにする

fallasleep150830-01

心には、眠りにつく前に1日にあったことを思い返し、リラックスする時間が必要。これを試してみてください。寝る前は、パソコンもスマホも電源を切る。代わりに、自分の心がリラックスできる習慣を身につけることです。本を読んだり、ストレッチをしたり、好きな人と過ごしたり。次の朝に向けて心を整理することです。

02.
ほんの少しだけ…
お腹を満たす

fallasleep150840-05

もしも、この記事を夜中の2時に読んでいるなら、水を飲んで身体をスッキリさせ、何か眠たくなるものを食べてください。乳製品やパンが眠くなるという人もいるし、トリプトファンを含む鶏肉も眠気を誘います。もちろん、食べ過ぎは逆効果なので要注意!明日からカフェイン入り飲み物やエナジードリンクは昼11時前に飲むか、まったく飲まないようにしましょう。

03.
一週間分のスケジュールを
ベッドの上で作る

もしも、あなたが翌日やるべきことで気が滅入っているなら、これがおすすめ。ベッドサイドにノートを置いておき、「やらなければいけないこと」のリストを書くのです。重要度の順に並べて、一週間のプランを立てましょう。これをすることで安心感から心が落ち着き、ぐっすり眠ることができますよ。

04.
睡眠前を「問題解決の時間」に
するのは絶対にNG

W
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会