ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カウンセラーが教える、睡眠前にやるべき「6つの行動」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

過去に「不眠症」で悩んでいたというメンタルカウンセラーのAdelma Lilliston氏。彼女を救ったのが「無理に眠ろうとしない」という発想の転換だったそう。
そんな彼女が「mindbodygreen」で書いたこの記事。カウンセラーならではの視点も、しっかりと入っています。

01.
ベッドに入る前は
スマホとPCをOFFにする

心には、眠りにつく前に1日にあったことを思い返し、リラックスする時間が必要。これを試してみてください。寝る前は、パソコンもスマホも電源を切る。代わりに、自分の心がリラックスできる習慣を身につけることです。本を読んだり、ストレッチをしたり、好きな人と過ごしたり。次の朝に向けて心を整理することです。

02.
ほんの少しだけ…
お腹を満たす

もしも、この記事を夜中の2時に読んでいるなら、水を飲んで身体をスッキリさせ、何か眠たくなるものを食べてください。乳製品やパンが眠くなるという人もいるし、トリプトファンを含む鶏肉も眠気を誘います。もちろん、食べ過ぎは逆効果なので要注意!明日からカフェイン入り飲み物やエナジードリンクは昼11時前に飲むか、まったく飲まないようにしましょう。

03.
一週間分のスケジュールを
ベッドの上で作る

もしも、あなたが翌日やるべきことで気が滅入っているなら、これがおすすめ。ベッドサイドにノートを置いておき、「やらなければいけないこと」のリストを書くのです。重要度の順に並べて、一週間のプランを立てましょう。これをすることで安心感から心が落ち着き、ぐっすり眠ることができますよ。

04.
睡眠前を「問題解決の時間」に
するのは絶対にNG

行き詰まった問題に考えがおよび、その解決策を考えていませんか?それが何であれ、夜中にできることは何もありません。会話やプレゼンの準備をしようと思っているなら、そういったものは必ず思う通りになんていきません。あなたができる唯一のことは、余裕をもってその場所に挑むこと。そのためにも睡眠が必要です。
もし、過去に考えが及んでいるのなら、過去は変えられないことを思い出して。あなたにできるのは「受け入れること」だけ。過去のことは心から流れ出るにまかせましょう。

05.
電気を消す前に
「5つの感謝」を心に思い描く

何か心に病んでいることがあったり、不安に思うことがあるかもしれません。そんなときは、「感謝のリスト」を作りましょう。毎晩、寝室の明かりを消す前に5つ、あなたが感謝することを思い出してみましょう。感謝は、心の平穏を呼び起こし、まどろみを生み、素敵な夢へとあなたを誘ってくれます。

06.
興奮して眠れない夜は
単調な作業を!

人間は楽しいイベントが翌日に控えていると、興奮してなかなか寝付けないものです。これは最近、私に起こっていること。こうなったら起きて、機械的でつまらない作業に徹するのみ!本を読んだり、整理整頓をしたり、家計簿をつけたり…。これなら時間もかからず、うとうとしてくること間違いありません。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

裸で寝ることは最高のサプリメント。「ハダカ睡眠」驚きの効果7つ
睡眠の質を高める「6つのテクニック」。簡単だけど、効果抜群!
ベッドでできる、10分快眠法!驚くほどぐっすり眠れる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP