ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初の試み、横浜ベイホテル東急が青森の恵みをディナーで提供「ナイト・キッチンスタジアム」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

横浜ベイホテル東急は、9月1日(火)、2階「カフェ トスカ」で青森の食材を提供するディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム ~こだわり食材・青森」を開始した。

今年の5月、シェフが青森県へ食材を探しに八戸や十和田などをまわった。採れたての野辺地葉つきこかぶは、別格の美味しさでメニューに取り入れることを即決するほどだった。そのほか、にんにくを飼料にして育てた十和田ガーリックポークなど新しい食材情報の収穫があった。

できたてをその場で提供できる人気のアクションコーナーでは、タマネギと牛バラ肉を甘辛いタレでからめ、鉄板で焼き上げる「バラ焼き」を提供するほか、十和田おいらせミネラル野菜や特産品の林檎などを用いたスイーツも用意するなど、青森の美味しさを終始、堪能できる。

ナイト・キッチンスタジアム~こだわり食材・青森は、10月12日(祝)まで実施、時間は17:30~21:30となっている。月~金は5346円、土日祝日は6534円、小学生(全日)2970円、4歳~未就学児(全日)1188円だ。

青森の食材をホテルで味わえる贅沢なプランを大切な人との記念日にいかがでしょう?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP