ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KANA-BOON / シナリオアート、アニメ企画でスプリット・シングルをリリース&ライブイベントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年に開催されたキューン20イヤーズオーディションをきっかけにメジャーデビューを果たしたKANA-BOONとシナリオアートが、10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかでスタートする「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」のオープニング、エンディング曲で競演することがアナウンスされた。

「理系ミステリィ」という新しいジャンルを確立し、多くのミステリィ小説ファンを魅了し続けている森博嗣のデビュー作にして、シリーズ累計発行部数390万部を誇る名作『すべてがFになる』。

アニメではさらにキャラクタードラマ要素を色濃く滲ませたオリジナルのストーリィで構成。キャラクター原案には「ソラニン」や「おやすみプンプン」など刹那的な若者の姿をリアルに描く青春漫画が10代~30代の層に圧倒的な支持を得ている漫画家、浅野いにおを起用。魅力的なキャラクタービジュアルにも注目が集まる本作の監督はジャンルに捕らわれない幅広い作品の演出で腕を振るい「エルフェンリート」「君と僕。」などで知られる神戸守。

そんな豪華布陣で作り上げる大注目アニメ作品のオープニング・テーマを担当するのはKANA-BOON。エンディング・テーマはシナリオアート。以前から交流のある両者が今回、「KANA-BOON / シナリオアート」としてスプリットシングルをリリースすることが決定。楽曲タイトルはそれぞれ、KANA-BOON「talking」とシナリオアート「ナナヒツジ」で、リリースは11月11日の予定。

さらに、KANA-BOONとシナリオアートによるライブ付き第1話、第2話先行上映会「すべてがFesになる」の開催も決定。9月30日Zepp Tokyoにて。チケットは本日より発売開始。

そして本日放送の“ノイタミナ”枠内放送されるCMではKANA-BOON「talking」が初解禁されるとのこと。

リリース情報
スプリットシングル「talking / ナナヒツジ」
2015年11月11日発売
初回盤A(CD+DVD)KSCL-2631~2632 1,998円(税込)
初回盤B(CD+DVD)KSCL-2633~2634 1,890円(税込)
通常盤(CD)KSCL-2635 1,512円(税込)

ライブ情報
すべてがFesになる
9月30日(水)Zepp Tokyo
出演アーティスト:KANA-BOON、シナリオアート
出演キャスト:種崎敦美/加瀬康之/木戸伊吹
内容:第1話・第2話上映会、キャストトークショー、KANA-BOON/シナリオアートによるライブパフォーマンス
チケット:2,500円(ドリンク代金500円別途必要)
公式サイト:http://www.f-noitamina.com/

Ki/oon Music presents / SLASH /
11月15日(日)新木場STUDIO COAST 14:00開場 / 15:00 開演
出演アーティスト:KANA-BOON、BLUE ENCOUNT、シナリオアート、DJみそしるとMCごはん and more
チケット:前売4,000円(税込)/ 1ドリンク代別途必要 ※高校生以下キャッシュバックあり(500円)
公式サイト:http://www.kioon.com/slash/

KANA-BOONコメント
今回、「talking」という楽曲でオープニング・テーマを担当します、KANA-BOONです。
「talking」はタイトル通り“コミュニケーション”を歌った楽曲です。
印象的な会話劇が繰り広げられるこの作品にぴったりだと思いますし、作品に漂う空気感にもマッチしたサウンドで、とてもかっこいい仕上がりになりました。
もちろん、僕達のファンの皆さんにも喜んでもらえるものになったと思います。
僕も今から放送が楽しみです!

シナリオアートコメント
「すべてがFになる」の主題歌に選んでいただき大変嬉しく思っています。
天才・孤独・思考、この作品の中で僕の琴線に触れたキーワードがこれです。
自分の考えと社会が同じでなかったとしても自分の頭で思考を続けること。
その孤独な思考が、いつか世界を変える力を生み出すかもしれないという思いからこの曲が生まれました。

番組情報
TVアニメ「すべてがFになる」
2015年10月8日よりフジテレビ「ノイタミナ」にて
毎週木曜24:55~放送開始ほか各局でも放送開始
公式サイト:http://www.f-noitamina.com/
公式Twitter:https://twitter.com/f_noitamina

©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。