ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大地震の経験から生まれた、1時間で組み立てられる「家」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

じつはコチラ、災害を想定して設計された簡易シェルターです。とはいえ、その機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する!?

厚さわずか「30cm」!
持ち運びもラクラク



なんと言っても、このシェルターがスゴイのは、その携帯性。パーツが閉じている状態の厚さはナント30cm!縦横サイズは4m×2mになっています。例えば、セミトレーラーで運搬すれば一度に24戸ものシェルターを用意することができるそう。

組み立ては
たったの1時間でOK!

こんなふうに、組み立てると高さ2.5mの小さな部屋へと早変わり! 1時間もあれば、誰にでも簡単に設置できるというのも、大きなメリットです。
想定されている生産コストは$2,500ドル(約30万円)ほど。コンセプトデザインのため、現在はパートナーを探しており、今後は低コスト化も期待されています。

耐久性の秘密は
火山岩が織り込まれた
生地にアリ!

外観は、こんな感じ。すでにこのシンプルなデザインが人気を呼んでおり、テントとして使うのもアリだよね、なんて声もあるくらいだとか。
ちゃんと天井は換気や集光、水を集められるようにも設計されており、そんなところもアウトドア好きがくすぐられるポイントです。
また、壁に使用されているシートには、トルコに豊富にあるパーライト(火山岩)がキルト生地のように織り込まれており、耐熱・耐候性もバッチリです。

開発の背景には
トルコ東部大地震が…

最後にちょっと真面目な話を。
このシェルターが開発された背景には、2011年のトルコ東部大地震があるそうです。多くの家屋が破壊され、ホームレスになった人も少なくなかったとか。
その経験をもとに、トルコにあるデザインオフィス「Designnobis」が開発したこちら。たしかに、運びやすく、組み立てやすく、頑丈となれば、いわゆる仮設住宅のような役割をしっかりと担ってくれそうです。

Licensed material used with permission by Designnobis

関連記事リンク(外部サイト)

キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!
アウトドアで大活躍!火が起こせる「ブレスレット」が登場
多機能すぎる「クーラーボックス」が登場!ミキサー、まな板、USB充電ポートや防水スピーカーまで・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP