ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メガバンク 50歳行員向けの「たそがれ研修」が45歳に下がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 幅広い業種が融資先となる大銀行の業績は「景気と連動する」と指摘される。6月に発表された上場企業の2014年度決算で、軒並み好業績だったのが「メガバンク」だ。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は国内金融機関として初めて連結純利益が1兆円を超え、三井住友FGも約7500億円、みずほFGが約6100億円と好調ぶりを示した。

『半沢直樹』(TBS系)や『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)など、最近は銀行を舞台にしたドラマのヒット作が続くが、実在する各行の内情はどうなっているのか。

 それを探るべく開催した経済記者座談会の出席者は40代の大手紙経済部記者のA氏、40代の経済誌記者B氏、30代の若手業界紙記者C氏、長く銀行業界を取材してきた50代のベテラン経済ジャーナリストD氏の4人。銀行の“裏事情”が次々に飛び出した。

C:「出世コースは厳然と存在しますよね。企画部と人事部は必ずといっていいほど経験する部門だから、僕も“この人が将来のトップ候補かも”と注目して接しますよ。緑(三井住友銀行)なんかは完全に企画ラインが出世コースになっている」

B:「あとは業界で『ナンバー部』と呼ばれる本店営業部もトップが必ず通る道だね。本店営業部の1部とか2部というように、番号のついている部署のこと。大事なのはナンバーの若さじゃなくて、主要取引先をメインで扱う部署かどうか」

C:「だけど、そんな華やかな経歴をたどれるのはほんの一握り。同期の数も多いから、出世争いはシビアです。役員にならない限り銀行に残ることができず、50歳前後で大多数の銀行員は銀行を追い出されてしまう。世間的にはエリート集団のイメージだけど、実態はかなり厳しいですよね」

D:「昔は“上がりの店”と呼ばれる支店があって、『この支店に異動になったら、後はもう銀行を去るしかない』といわれていた。今は店は固定されていないようだけど。どのメガバンクも合併後に大量の余剰人員が出ている。特に人数の多い『バブル入社組』をどうやって外に出すかは、共通の課題になっている」

B:「これまでメガバンクは横並びで、50歳になると『たそがれ研修』と呼ばれる研修を受けさせていたらしいけど、今は45歳まで年齢が引き下げられた銀行もある」

C:「たそがれ研修って、どんな内容なんですか?」

A:「この研修は、行員自身が『銀行を出た後のこと』を考えるものらしいよ。家族への手紙を書き、特技や趣味、資格など、自分をもう一度見つめ直すように指導されるらしい」

C:「それは辛いですね。でも、多くの人が出向させられるわけですしね……」

B:「まず取引先に出向して、数年後に転籍する人が多いけど、今では、受け入れ先を探すのも大変。ただ『出向したら終わり』というわけでもなく、出向先のオーナーとそりが合わないと銀行に帰ってくるケースもある。聞いた話では、最大3回まで戻れるらしい。銀行がそこまで面倒を見るのは、出ていった後に悪口をいわれないようにするため。元銀行員に内情を暴露されるのを警戒してるんだよ」

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元都銀、外資系銀行マンが給料や求める人材について綴った本
元銀行員・大桃美代子が教える「お金が貯まる簡単な習慣」
2014年 宝くじのネット販売開始で“もらい忘れ”がなくなる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP