ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

店頭に並ぶ22種類の中華まん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月2日放送の「お願い!ランキング2部」(テレビ朝日系、午前01時56分~)では、女性アナウンサーが話題のスポットを巡って雑学を披露するコーナーで、宇佐美佑果さん、久冨慶子さん、上山千穂さんの3人が1957年創業の中華料理店「五十番・神楽坂本店」(東京都新宿区)を訪れた。

JR中央線飯田橋駅から徒歩5分ほどにある同店は22種類もある直径10センチほどの大きな中華まんが目玉となっている中華料理店だ。
同店での人気中華まんとして「黒豚まん」「五目まん」「肉まん」を紹介。国産黒豚の豚肉を使用した「黒豚まん」を食べた宇佐美佑果さんは「皮がもちもちでお肉のボリュームもすごいんですけど、黒豚が甘いです。肉汁が口の中にフワーと溢れます。」と賞賛。
次いで「五目まん」を割った久冨慶子さんは「わぁ、見て、すごい。」「もう開けた瞬間に具材たっぷりなのがわかりますね。」と感嘆の声をあげ、そのまま頬ばると「五目で七種類入ってるって言ってたんですけど、筍のシャキシャキ感とお肉のボリュームのジューシーな感じが、すんごい良くあって、うん。」と満足げに頷きながらコメント。
そして最も人気がある「肉まん」を割ってみると、中から溢れ出た肉汁に驚く3人。「肉まん」を食べた上山千穂さんは「豚肉の甘みがほんわりと広がって、さくさく、ネギの甘みも。」「すするくらいのジュースがつまってる、本当美味しい肉まんですね。」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:五十番 神楽坂本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神楽坂のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:神楽坂×中華のお店一覧
原宿のど真ん中でハワイ気分が楽しめるカフェ
ナイスレモン!目の前で炙る〆サバ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP