ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロポーズはDIYで!写真家の彼女に送ったカメラレンズ型の指輪ボックスが秀逸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“一生に一度のプロポーズは、思い出深いものにしたい!”とは、誰もが思うこと。

カリフォルニア在住のMatthew Chalkerさんは、フォトグラファーの彼女にサプライズを与えるため、ちょっと変わった婚約指輪用のリングボックスを作ることに。

そうしてできあがったのが、この「Mechanical Irirs」。

カメラの光を調節する“絞り機”をモチーフにしたリングボックスだ。

ケースの外側をくるりと回すと、中からキラリと光る指輪が!

これが、カメラ女子の琴線に触れないわけがない!

材料集めから加工まで、すべて自分で行ったというChalkerさん。

かかった時間は、なんと60時間

さらに、製作費も驚きの2000ドル(約24万円)~3000ドル(約36万円)とのこと。

まさに一世一代のDIYプロジェクトだが、努力の甲斐あって、彼女の答えは「YES!」だったそう!

matthewchalker.com
http://www.matthewchalker.com/
imgur
http://imgur.com/user/chalker7

プロポーズ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP