ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電池は不要!身につけて走るだけで光るセーフティライトがスグレモノ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョギングを習慣にしている人は要チェックのセーフティライトが、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

イギリスのスタートアップが開発した「Million Mile Light」というのがそれ。なんと電池は不要、走るという動作だけで光るというものだ。

・目立つことで安全を確保

働いている人の場合、朝晩にジョギングすることが多い。季節によっても違ってくるが、早朝や夕暮れ時、住家がまばらなエリアなどは薄暗いことが多い。

なので、目立つようにして周りのドライバーらに存在を認識してもらって安全を確保する必要がある。そんなときに、このライトは活躍する。

・200メートル先からわかる明るさ

最大の特徴は、ウェストベルトなどに取り付けて走り出すと光るという点。中に入っているネオジム磁石で点灯するので、充電したり乾電池を入れたりする必要がない。

しかし、電池不要といっても明るさが弱ければ意味がない。その点、このライトは200メートル先からもわかるという。存在を認識してもらうのはもちろんのこと、走る道を照らす照明としても活躍する。

・チューインガム大

また、身につけて走ることを想定しているので、大きさはチューインガムほど。重さにいたってはわずか36グラムだ。

価格がリーズナブルなのもうれしい。Kickstarterでは現在、15ポンド(約2800円)の出資で入手できる。2個セットだと25ポンドとさらにおトクになる。

出資期限は10月3日。朝晩走るというランナーはサイトをのぞいてみてはいかが。

Million Mile Light/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP