ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注文住宅の建築費が上昇! 建築した人の対応策とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

建築費の高騰などで、新築マンションの価格が上昇していると報じられているが、ハウスメーカーなどが建築する注文住宅でも、その傾向が鮮明という調査結果が報告された。住宅生産団体連合会(以下住団連)の調査結果を詳しく見ていこう。【今週の住活トピック】
2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」を報告/住宅生産団体連合会半数が土地を購入して建築、その合計取得費は5060万円

まず、「2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」によると、注文住宅を建てた人の多くは、土地探しから始めていることが分かる。6割弱は土地を新たに入手(土地を購入して新築50.1%、新たに土地を借りて新築0.5%、買い替え6.5%)して家を新築しており、建て替えや親の土地を相続して新築した割合は4割強だった。

次に、全国で注文住宅を建築した人の平均像を見てみよう。
平均世帯年齢は42.0歳、平均世帯人数は3.48人、平均世帯年収は851万円で、二世帯同居率は12.9%だ。平均年齢は40歳を超えているが、実際の分布は30歳代が40.5%と中心となっており、9.6%を占める60歳代が平均を引き上げるような構図となっている。

住宅の平均延床面積は、129m2で、住宅の平均取得費(土地代と建築費の合計)は4554万円、平均建築費は3310万円、平均自己資金は1480万円、平均借入額(借入ありのみ)は3540万円だ。

ちなみに、土地を購入して家を新築した場合に限った取得費は、平均建築費3033万円、土地の平均取得費2027万円と合わせて5060万円。建て替えの場合に限った平均建築費は3808万円で、土地の取得を伴わない建て替えのほうが、建築費は高くなっている。建築費は上昇トレンド、どのように調整したのか?

さて、問題の建築費だが、全体平均額の3310万円は、前年調査より66万円増加している。土地代も加えた平均住宅取得費も前年から186万円増加し、建築費の上昇が住宅取得費の上昇に影響を与えている。

住団連の調査では、さらに1m2当たりの建築費単価の平均推移(画像1)を出している。これを見ると、2012年を底に2013年、2014年と大きく上昇していることが分かる。

【画像1】平均建築費単価の推移(出典:住宅生産団体連合会「2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」)

では、建築費の上昇をどう調整しているのだろうか?
まず借入額を増やしたことがうかがえる。借入ありの平均額が前年より247万円増加し、借入金の年収倍率は4.16倍と前年の3.91倍を大きく上回った。

また、贈与ありの場合の平均贈与額は減っている(前年1121万円→1054万円)ものの、贈与ありの割合が高まった(前年20.2%→21.5%)ことも注目される。特に、20歳代から30歳代の若年層は、贈与の割合がおおむね3割を占めるなど高くなっており、贈与が住宅取得に影響していることが見て取れる。

なお、贈与額については、贈与を受けた人の84.2%が、「住宅取得資金贈与非課税特例」を利用しているので、非課税枠が縮小した影響も考えられる。2013年では非課税枠が700万円だったが、2014年では500万円に縮小したからだが、2015年では1000万円に拡大したので、平均贈与額が今後増加する可能性もある(いずれの場合も、省エネ住宅等の場合はそれぞれ500万円上乗せできる)。

別の調整策としては、住宅の延べ床面積を小さくすることが考えられる。たしかに、延べ床面積は前年よりわずかに小さくなっている(前年131.3m2→129.2m2)。しかし、2008年からの推移を見ると、建築費の上昇との相関はそれほど見られないので、建築費の上昇がすぐに住宅の規模の縮小とは結び付かないようだ。

さて、アベノミクスにより公共事業が増加したこと、東北の復興需要が本格化したことによって、鉄筋コンクリートの建築コストは上昇している。鉄筋コンクリート造りの新築マンションは、この影響で建築コストが高騰し販売価格が上昇している。一方、一戸建ての住宅は木造が中心なので、建築コストについてはこれまであまり話題にならなかった。

今回のハウスメーカーを中心とした調査結果を見る限りでは、建築コストの上昇が鮮明だ。ただし、ハウスメーカー各社は、高付加価値住宅に力をいれている。最近は、スマートハウスやゼロエネルギーハウスといった、住宅内のエネルギーを創ったり貯めたり、コントロールしたりする設備機器を取り入れた住宅が注目を集めている。こうした住宅は建築コストが高くなるため、建築費が上昇しているという見方もできる。

一戸建ての建築を検討している人は、注文住宅でも建築費が上昇したと即断しないで、冷静に判断してほしい。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/09/02/96558/

【住まいに関する関連記事】
注文住宅を建てた人の約40%が、200~300万円の減税を受けている
預金連動型の住宅ローンってどんな仕組み?どんなメリットがある?
木造の家づくりを大阪駅前で一挙に体験 「うめだ住まい博2013」に行ってきた
予算上限は3803万円、頭金は1403万円が平均。では、予算はどう出すのがよい?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP