ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一狭い!?幅わずか1.5mのスモールハウスが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

top02最小限の機能とスペースだけを備えたスモールハウスは、世界中でブームを呼んでいるが、ポーランドの「Keret House」は、“世界最狭”と名高いお家。

一瞬“どこにあるの?”と思ってしまうが、ビルとビルの隙間にある白い建物がそのお家。

KeretHouse01
ワルシャワに作られたこの「Keret House」は、建築家Jackub Szczesny氏が設計した超薄型・極小住宅だ。

KeretHouse02

面積はたった4.08平方メートルほど!

室内は、もっとも広いところでも幅約1.5メートルしかない。

house01

手を伸ばせばあっさりと届いてしまうサイズだ。

house05

しかし、ベッドルームはもちろん、キッチンやバス、トイレなど生活に必要な設備は全て完備。

305680_298985970206615_379871634_n

house03

この家は、旧ソ連やドイツなど、大国に挟まれ過酷な歴史をたどったポーランドの歴史を表現するためにデザインされたそう。

狭いなからも白で統一された室内は、清潔感にあふれ、意外と快適そうにも見える。

KeretHouse04

KeretHouse13

建設もかなり苦労した様子のこのお家。

ちょっとした隠れ家気分も味わうことができ、狭いけど一度は泊まってみたい!?

384493_288624067909472_1494576736_n

house02

Keret House
http://kerethouse.com/
Facebook
https://www.facebook.com/domkereta/photos_stream

住宅(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。