ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「重たいオンナ」にならないための3つの秘訣

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「いつでもどこでも、常に彼氏と一緒にいたい!」そう思っている女性は意外と多いですよね。でも、相手への過度な依存は、健全な恋愛の大きな敵。じゃあ、一体どうすればいいのでしょう?
そのヒントが、「Higher Perspective」のこの記事にまとめられています。これを読めば、二人の関係はもっと良くなるかもしれません。

自分が大切に思う人には、愛情をもって接しなさいと教わってきたかもしれません。ただし、愛情の押し売りは「本当の愛」ではないのです。なぜなら、それは人を「物」として扱っていることと変わりないから。
きっと、何かを変えないかぎり、恋愛は上手くいきません。そのためのヒントを3つ紹介します。

01.
“愛”には線引きが
必要だと知る

恋人にしっかりと向き合っていれば、持ちつ持たれつの関係が築けるはずです。お互い様の関係では、相手からの愛、自分を愛する愛、支え合う愛を、両者が感じることができます。
ただし、線引きは必要です。相手がここまででいいと感じる以上に踏み込んでしまうと、二人の関係は、すぐに崩れてしまうでしょう。残されるものは、怒りと恨み、後悔だけになってしまいます。

02.
起こっていないことを
無駄に心配しない

パートナーがいる人にとってもっとも怖いことは、相手を失うことでしょう。確かに、失恋の要因は数多くあります。でも、失うかもしれない怖さは、現実的な物事ではなく、パートナーに依存している事実によって感じるもの。起こるかどうか分からない未来を怖がるよりも、今ある瞬間をパートナーと思いきり楽しむようにしましょう。

03.
自分一人でも、
幸せを感じられるように

「究極の幸せ」は、恋人の存在とは関係ありません。家族にも、友達にも、家の中の物も、貯金も、幸せには結びついていないのです。重要なのは、「あなた自身が幸せと感じられるか、そうでないか」。私たちは、物や人などの形あるものを介して、幸せを感じているように見えますが、それを幸せと捉えるかどうかはあなた次第。幸せになるためには、相手に依存することなく自分の足で立つことが必要なのです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

関連記事リンク(外部サイト)

「本物の恋愛」と「ダメな恋愛」の5つの違い。あなたはどっち?
マイナス思考を克服する9つの方法。「考えすぎる」くらいなら開き直る方がいい!
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP