ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

街が動物園に!道路をキャンバスにした3Dアートがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平面に描いた絵を立体に見せる3Dアート。

角度や視点の計算など、技術と才能が必要になる芸術だ。

ドイツ在住のNikolaj Arndtさんもそんなアーティストのひとり。

彼が主にキャンバスにするものはちょっと変わっている。

それは、道路!

2009年から各地のアートフェスティバルで活動する彼は、街を動物園に変えてしまう魔術師だ。

彼が使用するのはチョーク、そして水溶性の顔料、そして砂糖!

溶けた砂糖のべたべたが、風雨から絵を守ってくれるという。

ひとつの作品にかかるのは平均2日。

世界の街を動物園に変え続けている彼は語る。

「僕にとって一番重要なことはお客さんの笑顔を見ること。それだけで十分幸せなんだ」

Nikolaj Arndt
http://nikolaj-arndt.com/

トリックアート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP