ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

唾液腺や排出管の中に結石が生じる唾石症 内視鏡治療が有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 唾液は大人で、1日1~1.5リットルほど分泌されている。唾液の1番の働きは清浄作用で、歯や口腔内の表面を常に洗い、細菌を流す働きをしている。食事の際に大量に分泌され、酵素によって炭水化物の消化を助けたり、口の乾燥を防ぐなどの働きもある。

 唾液は顎下腺(がつかせん)や耳下腺(じかせん)といった唾液腺から口の中に排出されるが、この唾液腺や排出管の中に結石を生じるのが唾石症(だせきしょう)だ。

 唾石の生じる場所は顎の下あたりにある顎下腺がほとんどで、耳下腺はまれである。唾石が排出管に詰まったり、唾液腺の出口を塞ぐなどして唾液が口の中に出ることができなくなると、食事のたびに耳や顎の下が腫れたり、唾仙痛(だせんつう)という激しい痛みが起き、病院に駆け込むことになる。

 横浜市立大学附属病院歯科・口腔外科・矯正歯科の岩井俊憲助教に話を聞いた。

「唾石ができるのは大人が多いのですが、まれに子供にもできることがあります。小さな石がいくつもくっつくことで、大きな唾石になることもあります。顎下腺の中に唾石ができた場合、顎の下の皮膚を5~6センチほど切って、顎下腺ごと唾石を取り出す手術が通常行なわれます。

 ただ、この方法では首に大きな傷が残るうえに、近くを走る顔面神経を障害し、顔面神経麻痺が残る可能性もあります。そのため、私は内視鏡での低侵襲(ていしんしゅう)な治療を行なっています」

 唾石症に使う内視鏡は、通常は直径1.6ミリ、子供のように管が細い場合は1.1ミリというごく細いものを使う。この中に、カメラのレンズと生理食塩水が出る管、さらには唾石をつかむバスケットやカンシの入る管が入っている。

 治療にあたっては、まずCTなどで唾石の位置や大きさを確認する。5ミリ未満であれば、内視鏡による治療を選択する。顎下腺唾石の場合、舌の裏側中央のひだの両側にある、直径1ミリほどの排出管の穴を拡大し、そこから内視鏡を挿入して唾石をカンシなどでつかみ、取り出す。唾石が大きい場合は、砕いてから取り出すこともある。内視鏡で摘出できない大きな唾石の場合には、口の中を切開してから唾石のみを摘出する。

「顎下腺の中に唾石がある場合は、顎下腺ごと摘出するのが標準治療ですが、私はできるだけ口の中から唾石のみを摘出し、切開した部分を口の粘膜で縫うことで唾液の新しい出口(バイパス)を作るようにしています。唾液は身体にとって大切なので、可能な限り、唾液腺を取らずに、機能を残す方法で治療しています」(岩井助教)

 手術は2泊3日の入院で行なうが生体に吸収され溶ける糸を使用するので抜糸の必要がない。小さな唾石や排出管が狭窄(きょうさく)している場合は外来で日帰り治療を行なう。この施設では、年間200例程度の唾石の治療を行なっている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏場は注意が必要な尿管結石 自然排斥促す「排斥薬物治療」
胃がんに強い病院 内視鏡治療数の割合に着目すると分かる
早期発見で100%近く完治する大腸がん 良い病院見分ける方法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP