ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原江里菜プロ 応援してくれる「エリナ党」に感謝の言葉贈る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初優勝から2勝目まで6年350日、ツアー史上4番目に長いブランクの末、8月2日「大東建託・いい部屋ネットレディス」で優勝した原江里菜プロ(27)。その際、「支えてくれた皆さんに感謝したいです」と語ったが、彼女にとって大きな存在となっているのが、「エリナ党」と呼ばれるグループである。原プロの出場全試合を訪れ、プレー試合を細かく記録し、ブログにアップするなどしている。「ナイスショット!」などの激励もかかさない。エリナ党の中心メンバー・小林剛さんが語る。

「原プロは気持ちが表われるタイプなので、体調が悪かったりイライラしていると手に取るようにわかります。第1打を打ってすぐにティを拾えばボールはフェアウェイ、クラブから片手を離せばミスショット。体の倒し方でどっちに曲がったかわかります。でも、私たちはひたむきで、いつも明るい原プロの魅力を伝えたいだけなんです」

 一方、原プロは「エリナ党」をどう見ているのか。

「成績に関係なくいつも応援してもらっているので、大袈裟ではなく心の支えになっています。シード落ちしていた時も、毎週コースで応援してもらいました。ギャラリーがいないと緊張感が保てないものですが、おかげで最後まで諦めないでプレーすることができました。感謝してもしきれないですね」

 ラウンド内容をレポートしているブログについてはどう見ているのか。

「自分のプレーはすべて頭の中に入っているので私自身は見ませんが、毎週コースに来ることのできない森コーチが参考にしているそうです。コーチから的確なアドバイスがもらえるので助かっています」(原プロ)

 トーナメント会場で言葉を交わすほか、サインをしたりメンバーからお土産をもらうこともある。とはいえ、原プロにとって気掛かりなこともあるという。

「この先もずっと応援いただけると嬉しいですが、コースに来るのはお金も時間もかかります。すごく感謝していますが、無理をされているんじゃないかと心苦しくなる時があります」(原プロ)

 そんな気遣いも「エリナ党」の面々にとっては応援したくなる原動力。ファンに支えられ見事復活をとげた原プロ。今後の活躍にさらに期待が高まる。

取材・文■鵜飼克郎 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
初優勝から2勝目まで7年 原江里菜プロを支える「エリナ党」
ゴルファー・杉原輝雄 最近「太り過ぎ」のジャンボ尾崎に期待
杉原輝雄プロが飛ばし屋・石川遼のスイングの“弱点”を分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP