ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激怒】ゴミになった東京五輪ポスター費用4600万円はすべて税金 / 誰が負担すべきかアンケート調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザイナーの佐野研二郎先生がデザインした『東京オリンピック2020』のエンブレムが使用中止になり、東京都が業者に発注したポスター、巨大パネル、のぼり旗などを改めて作り直す必要が出てきた。

・グッズがゴミになった場合
発注した総額は4600万円で、そのお金は東京都民の税金から支払われる。もしすべてのグッズがゴミになった場合、4600万円が消えることになる。ゴミクズと化してしまうのならば、焚き火で燃やしたほうが、まだ暖が取れてマシである。

・泣き寝入りするしかない?
しかし問題はここからだ。4600万円分のグッズがゴミになったとして、このまま「はいそうですか」と黙っているわけにはいくまい。そこで今回、この4600万円を誰が負担すべきかアンケート調査を実施。100人の老若男女に「東京五輪ポスター費用4600万円は泣き寝入りするしかないと思いますか?」という質問をし、集計してみた。

・東京五輪ポスター費用4600万円は泣き寝入りするしかない?
佐野研二郎が払うべき (42%)
組織委員会が払うべき (38%)
諦めるしかない (20%)

・すべての原因は佐野先生に!?
なんと! ほぼ半数の人たちが「佐野研二郎が払うべき」と思っていることが判明した。つまり、すべての原因は佐野先生にあるということなのだろうか?

世論としては、組織委員会にも責任があるといわれており、現実として誰が支払いを負担するのか、もしくは税金で泣き寝入りをするしかないのか、まだ分からない状態である。

あなたは、4600万円の費用を誰が払うべきとお思いだろうか?

https://youtu.be/TKTkvhUEBgc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/09/03/zeikin-tomin/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP