ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マツコ&有吉の怒り新党』有吉が猿岩石時代を振り返り激白!「どこいってもバカにされてた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 2日に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』で、有吉が『猿岩石』時代の精神状態を告白し反響を呼んでいる。

 有吉は今でこそ毒舌タレントとして名が通っているが、かつてはテレビ番組『進め!電波少年』内の企画で『ユーラシア大陸横断ヒッチハイク』を行ったことで著名だった。
 ヒッチハイクの旅がきっかけで相方とともに大ブレイクしたが、その後転落し、また復活したという経歴を持っている。

 番組内でライブの話題になると、有吉は「俺達(猿岩石)もライブした時は堤幸彦監督がステージ演出をしてた」と語った。これにはマツコも驚き、「あなた、結構すごい人達がかかわって出来上がってたのね」と返す。そこで有吉は、「利権、利権でね」と苦笑しながら、猿岩石時代のことを話し始めた。

 「おっかない恥もかくよ。……5万人規模のライブで、GLAYとかすごい人と(一緒に)出て、俺らの時みんなシーンとする」と、当時を振り返る有吉。
 さらに、「怖いって思った。どこ行っても、お笑いの番組行っても、歌の番組行っても、お芝居やっても、映画やっても、俺らが1番実力ないの。……どこ行ってもバカにされてた。コンサートでも舞台監督にメチャメチャ怒られてさ」と、しんみり語った。

 それに対してマツコも、「(有吉のように)何かを乗り越えてきた人に対して負い目がある」と話す。“自分には結婚も出産も縁がないので、何か大きなエピソードが欲しい”“ポジティブなことでもネガティブなことでも、何かドラマチックなことを求めている”と、自らの心境を吐露していた。
 
 これに対してネット上では、「そうだね。あのとき猿岩石はえらいことになってたよね。」「今日の怒り新党、猿岩石時代に感じてた有吉さんの想いみたいなものが垣間見えて嬉しい。。。」「今の有吉はレギュラー番組もたくさんあって凄く有名だけど、有吉の猿岩石時代も結構なブレイク具合だった。今の有吉しか知らない人にとっては、今とは違う感じのブレイクの仕方だったなぁ。トークで売ってるタイプではなかったし。」などの声が寄せられている。

■関連リンク
きゃりーが選んだゲストが濃すぎて話題に
はるな愛が番組スタッフにマジギレ
『有吉反省会』あの”瓦割り”女優が出演

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。