ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2015 : Sony Mobile、新フラッグシップ「Xperia Z5」を発表、0.03秒の高速フォーカスや指紋認証に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile は 9 月 2 日、ドイツ・ベルリンで行われた IFA 2015 のプレスカンファレンスで、Xperia スマートフォンの最新フラッグシップモデルとなる「Xperia Z5」を正式に発表しました。Xperia Z5 にはシングル SIM と デュアル SIM 版が用意されており、10 月より発売されます。Xperia Z5 は 今年の春に発売された「Xperia Z4 / Z3+」の後継となる 5.2 インチスマートフォン。筐体のデザインやスペックは前作からさほど進化していませんが、カメラ機能やオーディオ機能が強化され、さらに、指紋リーダーが追加されるなど、機能面はだいぶ進化しています。筐体のデザインは、Xperia Z ~ Z4 までの OmniBalance デザインを採用し、前後にガラスパネルを採用。フレームは全体的にフラットな仕上がりとなり、Xperia の象徴だった側面の竜頭型ボタンは、スワイプ式指紋リーダー(FIDO 準拠)の追加によって形が変わりました(タッチして押すとロックを解除できるそうです)。筐体サイズは 146 x 72 x 7.3mm。端末の大きさはほぼ Xperia Z3 と同じです。USB 端子は従来の Micro USB を継承しており、キャップレス仕様で IP68 レベルの防水・防塵に対応しています。Xperia Z5 のディスプレイは 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの IPS 液晶(Triluminos、X-Reality エンジン)、プロセッサは Snapdragon 810 2.0GHz クアッドコア(MSM8994)、メモリは 3GB RAM と 32GB ROM(Micro SD 最大 200GB)、“2 日持ちバッテリー” を搭載。Xperia Z5 のカメラは、背面が 1/2.3 型の 2,300 万画素(“次世代” の Exmor RS)に刷新。レンズは F2.0 ・ 25mm の Sony G レンズを採用しています。最大 12800 の ISO 値をサポート。4K 撮影も可能です。前面には 500 万画素カメラを搭載しています。Xperia Z5 では、0.02 秒という他社の 0.x 秒を大幅に上回る高速フォーカス(Hybrid Autofocus)が可能になったほか、超解像ズームに対応し、画質を損なうことなく最大 5 倍のデジタルズームも可能になりました。オーディオ機能では、S-Foruce サラウンド対応のフロントステレオスピーカーを搭載し、デジタルノイズキャンセリング機能、DSEE HX 機能、ハイレゾオーディオの再生機能に対応したほか、Xperia Z5 には同梱の「MDR-NC750」を利用することで、ハイレゾ音源でもデジタルノイズキャンセリングが適用され、最大 98% の周辺ノイズを低減できます。OS は Android 5.1.1(Lollipop)を採用。本体カラーは、ブラック、ホワイト、カッパー、グリーンの 4 色。ホワイトは前面までもホワイトです。白スマホ好きにはたまらないカラバリです。Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2015 : Sony Mobile、4Kディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium」を発表
IFA 2015 : Huawei、Force Touchディスプレイを搭載した5.5インチスマートフォン「Huawei Mate S」を正式発表、日本でも発売予定
IFA 2015 : ASUS、光学3倍ズーム対応の「ZenFone Zoom」を改めて発表、128GBモデルもラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP