ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凛として時雨「es or s」特製フリーペーパー配布が決定、豪華著名人からのコメントも掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

凛として時雨が、本日9月2日にオリジナル音源を5曲収録したミニアルバム「es or s」をリリース。このベルリンでのレコーディングを実施した意欲作のリリースに際し、特製フリーペーパーの制作&配布が決定した。

このフリーペーパーには、ベルリンで行われた海外レコーディングの模様をTK自らが綴った手記に加え、ミュージシャン、俳優、芸人など数々の著名人からの”凛として時雨”に対するコメントが掲載されている。このフリーペーパーは、CDショップ店頭やライブハウスなどで随時配布となる。

凛として時雨は、このミニアルバム「es or s」を引きさげ、9月10日の福岡DRUM Be-1を皮切りにワンマンツアー「凛として時雨 S.O.S. TOUR 2015」を行う。そして、1月にリリースとなったベストアルバム「Best of Tornado」、シングル「Who What Who What」から今作にかけてと精力的に活動してきた2015年の集大成とも言える「凛として時雨 Tour 2015 FINAL Hyper S.O.S.」を11月20日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで開催する。

特製フリーペーパーコメント掲載アーティスト/タレント
綾野剛、安藤裕子、石田スイ(漫画家「東京喰種トーキョーグール」)、大森靖子、岡本伸明(the telephones)、尾崎世界観(クリープハイプ)、狩野英孝、亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)、小室哲哉、Superfly、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、SUGIZO、戸高賢史(Art-school/Ropes/MONOEYES)、ナカコー(Koji Nakamura)、新山詩織、Perfume、人時、ホリエアツシ(ストレイテナー)、八木優樹(KEYTALK)、ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)、山田将司(THE BACK HORN)※50音順

凛として時雨「SOSOS」ミュージック・ビデオ

凛として時雨「es or s」ダイジェスト

凛として時雨「es or s」リリース特設サイト
http://www.sigure.jp/es_or_s/

リリース情報

ミニアルバム「es or s」
2015年9月2日発売
初回生産限定盤(CD+7inch)AICL-2947〜8 1,850円+税 ※数量限定
通常盤(CDのみ)AICL-2949 1,850円+税 ※初回のみジャケットサテンステッカー封入

関連リンク

凛として時雨 オフィシャルサイトhttp://www.sigure.jp/(PC、スマホ、携帯共通)
凛として時雨 YouTube Official Channelhttp://www.youtube.com/sigureSMEJ
凛として時雨 オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/sigure.official
■凛として時雨「es or s」リリース特設サイトhttp://www.sigure.jp/es_or_s/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。