体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

素人でもここまでできる! RoomClipユーザーのお部屋訪問記[1]

素人でもここまでできる!RoomClipユーザのオシャレ過ぎるお宅を訪問!

インテリア共有サイトとして、今、爆発的にユーザーの支持を集めているのが、RoomClip。投稿されているお部屋の実例は、どれもオシャレ&ステキなのだが、なかでも定期的に開催されるコンテスト受賞者になると、「プロなの?」「本当に生活している?」とみまがうほどの完成度。実際にお宅に伺い、インテリアやDIYについて聞いてみた。
アメリカ西海岸をイメージし、絶妙なリラックス感漂うリビング

今回、お邪魔したのは、「カリフォルニアスタイルコンテスト」で入賞したhitomixさんのお宅。海辺のお住まいは本当に目の前が海。6年ほど前、築12年の中古住宅を購入し、少しずつDIYを繰り返しながら今のインテリアに近づいてきたそう。インテリアは好きだけれども見よう見まね、DIYも素人だったという夫妻が、二人三脚、手探りでつくってきたとか。

「10代のころ、カリフォルニアに住んでいたことはあるのですが、記憶はほとんどないです(笑)。でも、はじめから西海岸テイストと決まっていたわけではなくて、試行錯誤のすえに、今の部屋に落ち着きました」とhitomixさん。

「新しいもの、近未来テイストのデザインはそもそも好きではないんです。逆にキズとかあるものが昔から好きで、旅行するとよくリサイクルショップを見てまわっていたんですよ」と夫。また、新品があると違和感が出てしまうため、どれもちょっとエイジングしているものばかり置くようにしているとか。絶妙なこなれ感、リラックス感は、こうして集めたモノたちが出しているのかもしれない。

「モノを購入するときに、”とりあえず”という選択肢はありません。気に入る商品がなければ買わないし、もしくは自作するか、商品が出るまで待つ。片付けが下手なので、部屋に出しっぱなしになってもいいモノを選ぶようにしています」とhitomixさん。夫婦共働きのため、できるだけ片付けなどの家事が省力化できるように工夫されているのだとか。

【画像1】リビング側からキッチンをのぞむ。ソファに腰掛けると目の前に海(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像1】リビング側からキッチンをのぞむ。ソファに腰掛けると目の前に海(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像2】リビング側からみたキッチン。奥の緑の棚は自分たちで色を塗り、ガラスはシールで加工。奥の窓上部にあるブレーカーもシールを張って木目調に(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像2】リビング側からみたキッチン。奥の緑の棚は自分たちで色を塗り、ガラスはシールで加工。奥の窓上部にあるブレーカーもシールを張って木目調に(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像3】リビング側の別角度から。カウンターはワックスで味を出し、古材を貼り付けた。一度、タテ張りにしたものを剥がしてヨコに変えたという力作(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像3】リビング側の別角度から。カウンターはワックスで味を出し、古材を貼り付けた。一度、タテ張りにしたものを剥がしてヨコに変えたという力作(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像4】今年誕生したガレージ。工務店に依頼し、コンクリートを流してもらった。以前は和室だったとは思えない変身ぶり。趣味のバイクも安心して置けるように(写真撮影:嘉屋恭子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。