ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

200ドル以下!Apple元CEOが手がけた高コスパのスマホに大注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハイエンドなスマートフォンもいいが、機能はそこそこに手の届く価格のスマホが欲しい。

発展途上国を中心に、そうした“ミドルクラス・スマホ”の需要は大きい。それに応えるべく、米国のスタートアップObiがこのほど発表したのが、200ドル以下のスマホ「Worldphone」だ。

・スペックに差をつけた2種類

Appleの元CEO、ジョン・スカリー氏が共同創設者を務めることでも注目を浴びているObiだが、今回、発表されたのは4GやLTEに対応する「SF1」と、2G・3G 用の「SJ1.5」の2種類。

どちらも、OSにはAndroidのLollipopを使用し、スクリーンには高強度のゴリラガラスを採用。マイクロSDカードスロットを備え、デュアルSIMカードにも対応する。

・カメラ、音質も遜色なし!

スペックはというと、SF1の方がフルHDのディスプレー。ストレージメモリは16、32GBから選べる。

カメラの性能は、背面1300万画素、前面500万画素。また、Dolby Soundを搭載し、音質も高めているとのこと。

これだけの機能を搭載して、価格は16GBが 199ドル、32GBは249ドルとなっている。

一方、SJ1.5は、ディスプレーやカメラのスペックがSF1にはやや劣るが、その分119ドルとさらに安くなっている。

・新興国向けに

これらは10月に発売され、アジアやアフリカ、中東などの新興マーケットに投入し、主に若い世代にアピールするとのこと。

求めやすい価格を武器に、iPhoneの新たなライバルとなりそうだ。

Obi Worldphone

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP