ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

事情通経済記者 好業績な3メガバンクのトップ人事を分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月に発表された上場企業の2014年度決算で、軒並み好業績だったのが「メガバンク」だ。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は国内金融機関として初めて連結純利益が1兆円を超え、三井住友FGも約7500億円、みずほFGが約6100億円と好調ぶりを示した。

 メガバンクの好業績は景気回復の証左なのか。それとも、右肩上がりだった株式市場が一転して急落、乱高下を繰り返すように、銀行業界の先行きにも不安があるのか。「銀行業界」の内実を探るべく開催した、経済記者座談会の出席者は40代の大手紙経済部記者のA氏、40代の経済誌記者B氏、30代の若手業界紙記者C氏、長く銀行業界を取材してきた50代のベテラン経済ジャーナリストD氏の4人。事情通経済記者たちが、トップ人事の行方を分析する。

A:「今も銀行業界では、我々記者も含めて3メガバンクのことをイメージカラーの“赤”“緑”“青”で呼んでいますけど、やっぱり勢いでいえば純利益1兆円超えをした赤(三菱東京UFJ銀行)ですよね。ボーナスにも如実に現われている。40代の課長に聞いたら、トップの赤と3番手の青(みずほ銀行)で20万円以上の開きがあったらしい」

C:「赤の平野信行・頭取(63)は旧三菱銀行出身の割には官僚臭くないし、うまく行内のバランスを取っていると評判が良い。記者懇談会などでお酒が入ると、自由奔放に喋ってしまうことでも知られています。我々としてはありがたいけど、想定外のことまで話して、事務方が時々大慌てで火消しに走ってる(笑い)」

B:「気になるところを挙げるなら、次の頭取人事か。小山田隆・副頭取(59)が最有力視されているけど、平野頭取に比べると役人っぽくて、正直、小粒な感じがするという評もある」

A:「そうはいうけど、小山田氏は東大経済学部から旧三菱銀行に入行し、調査部から企画部(※注)に引っ張られて以来、ずっと企画畑を歩いてきた。役員になってからは頭取候補が必ずといっていいほど通る営業第一本部長を経験するなど、着実に頭取昇格へのステップを踏んでいるし、次期頭取はほぼ堅い。あとは禅譲のタイミングだけでしょう」

【※注:各部署の業務施策を取りまとめ、銀行全体の経営計画をまとめあげる部門】

D:「それにしても3メガバンクのトップ人事の慣習はなかなか変わらないね。赤は代々旧三菱銀行出身。緑(三井住友銀行)は事実上、吸収合併した側の旧住友銀行出身頭取が3代続いている。次期頭取争いで本命視されているのも、旧住友出身で長く人事畑を歩いてきた橘正喜・取締役兼副頭取執行役員(59)だ」

C:「ただし現在は旧三井の“エース”と呼ばれる同じ役職の車谷暢昭氏(57)というライバルがいます。橘氏と同じ『(昭和)55年入行組』。大和証券グループ本社との資本・業務提携解消や東京電力の支援融資の枠組みといった重要案件に関わってきた車谷氏だが、初の旧三井出身頭取の誕生となるか、注目ですね」

B:「青はもともと旧富士銀行出身と旧日本興業銀行出身が優勢だったけど、昨年、反社会的勢力への融資問題の責任をとって旧第一勧銀出身のトップだった塚本隆史・元みずほFG会長(65)が辞任したことで、旧一勧勢は沈没してしまった。昨年4月に頭取交代があったけど、やはりというか旧富士で副頭取だった林信秀氏(57)が昇格した」

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三菱東京UFJのロゴマーク 三菱の意向が色濃く反映されている
元都銀、外資系銀行マンが給料や求める人材について綴った本
企業の義捐金金額 業界他社の金額を見てから決定との証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP