ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一院制提唱の大前研一氏 あえて参院選挙制度改革案3つ示す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 18歳選挙権だけでなく、来年夏の参議院銀選挙では選挙区定数の新制度も初めて適用される。20年以上前から一院制を提唱してきた大前研一氏が、参議院の選挙制度改革案を提言する。

 * * *
 来年夏の参議院議員選挙まで11か月を切った。同選挙では選挙権年齢の「18歳以上」への引き下げと併せ、「1票の格差」を是正するため「鳥取と島根」「徳島と高知」を合区するなどして選挙区定数を「10増10減」する新制度が初めて適用される。

「10増10減」については、都道府県単位の参議院選挙区が合区されるのは初めてということもあって一時は侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が起きていたが、その中ではほとんど取り上げられなかった重要な問題がある。

 それは「そもそも参議院とは何をするところなのか」という問題だ。国会は、この根本的な議論に頬かむりをしたまま、1票の格差が最大4.77倍だった2013年7月の参院選の定数配分について、最高裁が「違憲」の一歩手前となる「違憲状態」と認定した判決に尻を叩かれて、数合わせをしたにすぎない(※注1)。

【※注1:現在の議員定数は参議院が選挙区146人、比例代表96人の合計242人。衆議院は小選挙区295人、比例代表180人の合計475人になる】

 もともと私は20年以上前から参議院を廃止して人口比例の衆議院だけにする「一院制」を提唱してきた。

 これは衆議院が議案を発議・審議し、国の行方を左右する重要案件については参議院の代わりに国民が“上院”として直接投票を行なうというものだ。すでに日本には国民投票法があり、エストニアのように電子投票も簡単にできる時代になっているのだから「国民=上院」という考え方も十分可能である。

 そもそも、現在の安全保障関連法案のように参議院で審議が滞っても「60日ルール」(※注2)で衆議院の再議決により3分の2の賛成で法案を成立させることができる以上、参議院の存在意義はほとんどないのだ。

【※注2:衆議院で可決されて参議院に送付された法案が60日以内に議決されない場合、衆議院は参議院が法案を否決したものとみなす】

 百歩譲って一院制の早期導入が難しいとすれば、合区のような意味のないことをやるくらいなら、参議院の選挙制度改革案として以下の三つを提言したい。

【1】アメリカの上院のように都道府県ごとに1人または2人ずつ地域代表を選ぶ。女性の政治参加を進めるため、フランスの県議会選挙のように候補者を必ず男女1人ずつのペアにしてもよいだろう。それなら参議院議員は男女同数で合計94人となる。

【2】道州制を導入して道州ごとに選ぶ。すでに衆議院の比例代表は11ブロックで道州に近い単位になっているから、それに合わせて全国を11の道州に分け、道州ごとに10人ずつ選ぶとすれば合計110人だ。

【3】全国区で選ぶ。「良識の府」として天下国家を論じられる知識や経験を持った人を選ぶには、できるだけ広域から選んだほうがよい。ただし、この場合は組織票を持っている医師会や労働組合などのインタレストグループ(利益集団)の候補者や知名度の高いタレント候補者が強くなってしまうので、それを避ける仕組みや有権者の高い意識が不可欠となる。

 この3案の中からあえて一つを選ぶとすれば、【2】の道州ごとに10人ずつ選ぶ方法がベターだと思う。

 ちなみに、そうなれば衆議院は比例代表を廃止し、小選挙区だけにして地域代表を徹底させればよい。いっそ約30万人のコミュニティ単位で270くらいの選挙区に分け、人口比例で細かく組み直すのも一手だろう。

 今回の「合区」のように、哲学も何もなく単に人口比例の帳尻合わせをしても意味はない。問題は、現行の選挙制度の下で当選してきた国会議員たちには、それを自分の不利になるような制度には変えられない、ということだ。つまり、選挙制度はひとたび作ってしまうと、変更が至難となるのだ。しかし、そのハードルを乗り越えない限り、この国は永遠に変われないのである。

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
現実的な選挙制度改革の可能性があるのは参議院と大前研一氏
小選挙区制の問題 議員が天下国家論じず地元の利益考える点
元共産議員 有権者と接触ない比例代表は本物の政治家なれず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。