ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明るい照明に買い替えた夫婦 「急に老けたな」で暗い雰囲気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(56歳)が精密機器メーカー勤務の奥様(54歳)。ご主人は「部屋を明かるくする」ことを心掛けています。

 * * *
 結婚した時の主人の提案が「照明やインテリアで部屋を明るくしよう」でした。確かに、照明を明るくすると表情が明るく見えるうえ、料理も美味しそうに見えます。それに、明るい照明の中では人はケンカをしづらくなり、結果、明るい家庭になるそうなんです。

 でも先日、「LEDは優しい明るさで、白熱灯は温かみのする光色。どっちがいいかな」といいながら、最新式の天井用シーリングライトを買ってきた主人。部屋が前以上に明るくなると、「アレッ、お前、若いと思っていたのに、急に老けたな」って、照明のせいでシワがバッチリなの!

「それにお前の顔、不機嫌そうに見えるな。照明が暗いのかな」って、照明は十分なの! あなたに「老けた」といわれて、本当に不機嫌なのよ!

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水虫男 足首だけの靴下履くニセ石田純一スタイルで水虫克服
節電ロウソク点灯妻に夫「仏壇の中にいるようで落ち着かん」
非モテ男 バレンタインチョコ自分で1万円分買いモテを装う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP