体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ねずみ男子”のオフショット&裏話も! ピューロ初の男性ミュージカル『ちっちゃな英雄』写真満載レポート[オタ女]

4

今度は森ねずみの中で暮らすジョージ。すぐに心を掴み、森ねずみのリーダー・ロベルトに気に入られるジョージですが、今度もまた妬むものが……。

7

「今回はヒーローの受難の話で、ヒーローの成長物語ではないんです」と話す、脚本を担当したきださん。「ジョージはヒーローの素質を持つがゆえに、妬まれ陥れられる。それでも彼はヒーローの精神を貫き、その命がけの行動が皆の心を動かし認められる……つまり、ジョージの行動によって変わるのはまわりの皆なんです。ダメな主人公が成長して最後に頑張る的な物語もありますが、今回は周囲の変化に重きを置き、群像劇として広がりを持たせることを意識しました」と語りました。

10 11

確かに、ジョージはどこにいてもヒーローになれる器なのですが、それを妬む者が現れてしまう。しかし、ジョージの“ヒーロー部分”に影響を受け、力に屈せず寄り添って支えるもの、自分の行いを悔いるものなど、周りのみんなが成長させられるのです。

12 13

今までピューロランドのショーは“愛”をテーマにしたものが多かったので、今回の “英雄”という男の子っぽいテーマが新鮮。また、思ってもみない重い衝撃展開にも驚きます。

ジョージが森にやって来る

みんなを束ねる統率力、友情、兄弟愛など、さまざまなところに妬みの要素はゴロゴロ転がっているのです……。誰にでも愛される強い魅力というのは、いいことばかりではなく、やはり影を生み出してしまう、そんなリアルな話に思わず引き込まれる!

「本当の英雄とは?」 40分に、本当の強さや優しやを考えさせられる内容が凝縮されていて、お子さんはもちろん、どの世代の方が観ても楽しいはず。

15

最後には、ねずみ男子たちがステージから客席に下りてきてハイタッチをするサービスも!

最初はみんなキャラが違った!? 可愛いハンスが実は……

ねずみ男子たち@フードコート

稽古の最初は、みんな今のキャラ作りに苦労していたそう。

前のページ 1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会