ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gジャンの濃さ、結局どれがいいの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋になると活躍しはじめるのがGジャン。一言でGジャンといっても、いろいろなデザインがあるから迷いますよね。
とくに、デニムの濃さで迷う人は多いのでは?
秋冬だから濃いめ?と思いきや、薄めを選べば春にも使えて便利かも……と悩む人続出。
結局全部欲しくなる……。でも、プチプラものを何枚も買うよりも、Gジャンを買うなら、いいものを一枚、が大人の買い物の仕方です。

カジュアルが好き。そんな人は迷わず淡デニム

jouetie officialさん(@jouetie_official)が投稿した写真 – 2015 8月 25 7:06午前 PDT

デニムの濃さは、淡いものであればあるほどカジュアルなアイテムとマッチする、というのが結論。
カジュアルテイストが好き、という人は、淡い色合いのものを一枚持っていると手持ち服と合わせやすいです。春先も使えるし、一石二鳥!

ベーシック色の強い、自然な色落ちモノ

SHEL’TTERofficialさん(@sheltter_official)が投稿した写真 – 2015 8月 24 7:20午前 PDT

ここ最近ブームの「ノームコア」こそ、私のスタイル。
そんなベーシック好きな人が選ぶべきは、淡すぎず濃すぎない、自然な色落ちのGジャン
そのスタンダードな雰囲気が、長く着られる愛用品となって毎年活躍してくれます。

エッジを効かせたい人は、濃いめ

MURUAさん(@murua_official)が投稿した写真 – 2015 8月 16 3:03午前 PDT

少し、個性強めのエッジィなスタイルを好む人なら濃いめのものがおすすめ。
どうしてもカジュアルに見えがちなデニムですが、インディゴカラーならクラス感アップ
トレンド感のあるインパクトアイテムを大人なムードに引き締めてくれ、品よくまとめてくれます。
今年だけじゃなくて、毎年着る定番アイテムでもあるGジャンを選ぶコツ。
それは、自分はどんな服装が好きなのか?をもう一度考えてみること。そうすることで、おのずと答えは出てくるはずです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
服も髪形も……なぜか真似ばかりする友だちとの上手なつきあいかた
蒸し暑い、でも肌寒い。さあ、今日着る服は?
都会的で新鮮! 今年は絶対フリンジを着こなしたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP