ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「小室サウンド」本人が語る誕生秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
(ナビゲーター:亀田誠治)。9月1日のオンエアでは、ゲストに小室哲哉さんが登場しました。

音楽プロデューサーとして知られる小室さん。自身がアーティストとして参加するglobeは、
今年でデビュー20周年を迎えました。小室さんといえば、J-POPシーンを大きく変えた
“小室サウンド”というひとつのジャンルを確立しましたが、同じく音楽プロデューサーの亀田誠治さんは、
「ほかのアーティストって何かルーツが見えたりするじゃないですか。でもね、
僕は小室さんって、何に影響されたのか分からない。
もう、小室さんのところから始まった音楽のような気がしちゃって」と疑問を投げかけます。

「実際は、60年代〜80年代の洋楽ファンだったんで、レコードとラジオの両方で聴いていました。
中学は放送部だったんですけど、外にはフォークをかけたりして、
放送室の中だけ洋楽かけてたくらい洋楽が好きでした」(小室さん)

小さい頃からピアノを習っていたかと思いきや、実はピアノにしっかり触れるようになったのは
「デビューをしてから」なのだそう。さらに、「音楽理論も後から勉強して積み上げていった」とか。
しかし、ピアノが弾けず音楽理論も分からなかったにも関わらず、
作曲は中学生のころからしていたそうで、「頭の中で浮かんでたんですけど、
形にはできなかった」と話します。

さて、亀田さんは“小室サウンド”を「土台をかっちり作り込んでいて、
その上で歌われるボーカリストの人間性が吹き出てくる」と評しますが、
この“小室サウンド”は、どのようにして出来上がったのでしょうか。
そのきっかけは、80年代に海外でのレコーディングにあったようです。

「洋楽ファンだっただけに、欧米の色々な技術は憧れまくっていたので、
海外でレコーディングをしたり、エンジニアと一緒に仕事をできるようになって、
日本人以上にボーカルの歌を大切にしてるのを、向こうで学んだんですね。こんなに歌
(の音量)を大きくしていいの?って最初の頃は思ったんですけど、出来上がったら、
『あ、これで良かったんだ』って」(小室さん)

そんな小室さんですが、globeのセルフリプロダクトアルバム『Remode1』
が先月8月に発売されました。「懐かしんでもらいたいっていうのと、
2015年、20年経った今の音。贅沢ですけど、両方を味わってほしいという思いで作りましたね」
(小室さん)。当時のファンやリスナーには、懐かしくも斬新な仕上がりになっており、
必聴ですよ!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP