ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える 男性が声をかけたくなるビールの種類

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールといえば男の飲み物というイメージが強く、苦みが苦手という女性が多いと思います。しかし、そんな状況を逆手にとり、BARでビールを飲むことでオンリーワンの女性になれるのです。きっと他の男性客から「ビール、お好きなんですか? 僕も好きなんです」と興味を持たれ、声をかけられるはず。そこで今回、現役バリバリのバーテンダー、Kさんに女性にオススメのベルギービールを教えてもらいました。

爽やかで飲みやすい フルーツランビック


ランビックとはベルギーの伝統的なビール。大麦を使う日本のビールと異なり、小麦を使っているので苦味が少ないのが女性には嬉しいところです。このランビックビールに果実を漬けこんだり、果汁を加えたものがフルーツランビック。カシスやピーチにアップルなど様々な味があります。とってもフルーティーなので女性でも爽やかに飲み切れるはず。また定番から少し外れた通好みのビールなので、これを飲んでいるだけで「ビールに詳しいんですね」という印象を他の人に与えることが出来ます。

度数が低くて飲みやすい ミスティックチェリー


こちらもベルギービール。ボトルビールですがグラスに注いで飲むことをオススメします。なぜなら色が鮮やかなルビー色だから。ホワイトビールにチェリージュースをブレンドしたものなので、口にはサクランボの香りが広がります。アルコール度数が低いのでお酒に弱い女性でも安心です。そして、ボトルにはチェリーの柄が描かれているので、妙な色気を醸し出すことが可能。男心をくすぐるビールでもあります。

ユニーク&キュートなボトルが目をひくホワイトビール ヴェデット


ヴェデットとはベルギーの言葉で「スター」という意味。ベルギーの若者たちに大人気という今注目のビール。味はオレンジピールとコリアンダーをアクセントにしたフルーティーかつスパイシーさが特徴。寸胴なボトルには白熊のアイコンがあしらわれており、見た目にも可愛く、頼んでみたい気にさせる一本です。

定番中の定番 ヒューガルデン


「ベルギービールといえばこれ! 」というのがヒューガルデン。王道中の王道なので知っておいて損はありません。「色々飲んだけど、やっぱりこれですね」なんて言えるとベルギービール通な雰囲気を出すことができます。ちなみにヒューガルデンには様々な大きさのグラスがあり3ℓ、4ℓ入るものがあります。とにかく飲みたい夜に挑戦してみて下さい。

【関連記事】
元タカラジェンヌが教える 好印象を与える美しい身だしなみ
現役バーテンダーが教える 男から声をかけられやすいお酒
モテ期プロデューサーが教える モテるヘアスタイル
モテ期プロデューサーが教える モテ期を呼ぶファッション ~男性編~
現役バーテンダーが教える BARで仲良くなりたい年上男子

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP