ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最小レベル!直径2mmの超小型コンピューターが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンピューターが誕生して以降、コンピューターの小型化に人々は熱心に取り組んできた。

・世界最小レベル、直径2mmの超小型コンピューター

以前、Intelのスティック型コンピューターを紹介した。ミシガン大学に所属するコンピューター科学の専門家David Blaauw氏が中心となって開発している「Michigan Micro Mote(M3)」は、それと比べても断然小さい、世界最小クラスのコンピューター

なんと、大きさは直径2ミリメートルほどという、超小型のコンピューターなのだ。

・バッテリーの小型化に注力

チームではコンピューターを小型化するために、バッテリーに注目した。動作するのに必要な電力を極力抑え、バッテリーを可能な限り小型化し、それに伴ってコンピューター全体のサイズを超コンパクト化することに成功。

・光を使って通信&充電

普通コンピューターは、キーボードやマウスを使って指令を実行するが、この超小型コンピューターの場合、新しい方法を模索する必要があった。

そこで考案したのが、光を使ってプログラムしたり、充電したりする方法。

高周波のストロボライトで「M3」に情報を送信し、解析されたデータは、ラジオ波で別のコンピューターに送られる。

「M3」に内蔵されているPhoenixプロセッサは、スタンバイ状態ならわずか500ピコワットの電力しか必要としない。

またバッテリーは、屋外など太陽光が直接照射される環境でなく、室内であっても十分に充電が可能だという。

・医療分野、産業分野など幅広い用途に活用

この超小型コンピューターは、画像の撮影、温度の読み取り、圧力の記録などに用いることができ、人体内への導入がしやすいため、医療の分野で大いに役立つことが見込まれる。

また、石油産業も関心を示しており、石油を余すことなく採油するセンサー装置に活用できるのではないかと期待されている。

そのほかにも、紛失しやすい鍵や財布などのアイテムに設置して、見つけやすくする……といった使い方も考えられるだろう。その小ささゆえに、幅広い用途で活躍してくれるはずだ。

Michigan Micro Mote

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP