ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーが糖尿病を防止するってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

coffee-diabetes150901-01-1

糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました。

ギリシャ・アテネにあるHarokopio大学が毎日1.5杯以上コーヒーを飲む習慣のある18歳以上の男女1,400人以上の人々の生活を10年にわたり調査した結果、彼らが糖尿病および炎症性疾患に苦しむ割合が、飲まない人よりも54%低かったそう。「European Journal of Clinical Nutrition」に発表されています。

ここでは調査の結果を含めコーヒーに糖尿病予防効果が見込めるのか少し考えてみます。

コーヒーは
糖尿病予防に効く?

今回発表された調査対象のコーヒー摂取量は大きく分けて3つに分かれていました。それぞれ血液検査、タンパク質の炎症マーカー、抗酸化レベルの測定を実施。割合はそれぞれ以下のとおり。

①1日1.5杯未満、816人。

②頻繁に飲む、385人。

③全く飲まない、239人。

調査は2001年から始まり、男性13%、女性12%が2012年までに糖尿病を発症。全体では、191人が糖尿病の徴候が見られました。

結果的に、コーヒーを飲む習慣がある人はそうでない人に比べ、54%も糖尿病を発症する割合が低いことがわかったそう。

さらに、家族の遺伝学、高血圧、喫煙習慣などなど、他の要因を除外して分析を行いました。が、またしても同じ結果に。具体的な効能についてはさらなる調査が必要とされていますが、やっぱりコーヒーが大きな役割を担っているのでしょうか。

ただし、
砂糖やミルクには要注意!

とはいえ、研究者はコーヒーの酸化防止効果や抗炎症特性が、限定されたものであることを指摘しています。注意しておくべき点として、砂糖やミルクを入れてコーヒーを飲む人ことが糖尿病や体重増加、酸性症を積極的に促進させることも見逃しがち。

砂糖やクリームがたくさんのったコーヒー飲料は、含まれている砂糖量が1日当たりの推奨摂取量よりも400%近く多いことも珍しくないのだとか。

米国医師会も認めた?
飲めば飲むほど予防に…。

コーヒーと糖尿病の関係性を検証した調査はこれが初めてではありません。2004年、米国医師会誌(JAMA)に掲載されたフィンランド国立公衆衛生研究所の調査結果では、35~64歳の男女約14,600人を調査した結果、コーヒーを1日3~4杯飲む男性で27%、女性で29%と糖尿病の発症率が減少。

さらに、1日10杯以上飲む男性では55%、女性では79%もの発症率の減少が見られました。やっぱり予防策としてコーヒーは期待できるかもしれません。

その他にも、2005年にハーバード大学(HSPH)による調査でも同様の結果が発表されており、類似する研究論文は数百件にも及ぶと言われています。

もちろん発症している人は専門家の判断を仰ぐ必要がありますが、少なくとも予防策の一つとしてはかなり有効かも?コーヒー好きの人々にとっては嬉しいニュースかもしれませんね。

Reference:European Journal of Clinical Nutrition , JAMA , HSPH

 

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

彼よりも睡眠を愛する「45の理由」。ベッドも枕も私を裏切らない!
「お年寄り向けの公園」が世界のトレンドに!?すでに全米では50以上も!
二度としちゃダメ!?知られざる「耳掃除」の真実とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。