ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初優勝から2勝目まで7年 原江里菜プロを支える「エリナ党」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ひとりでこの場に立つことはできませんでした……支えてくれた皆さんに感謝したいです」──8月2日、「大東建託・いい部屋ネットレディス」で約7年ぶりに優勝した原江里菜プロ(27)は、スピーチで思わず声を詰まらせた。

 東北福祉大在学中の2007年にプロに転向し、いきなりシード権を獲得すると、翌年の「NEC軽井沢72」でツアー初優勝を飾った。ところが、突如スランプに陥り、2010年にはシード権を失う。10試合連続予選落ちというどん底も経験する中、2011年夏に森守洋コーチとスイング改造に着手。2012年から再びシード権を得て、昨年は未勝利ながら賞金ランク9位に食い込んだ。

 初優勝から2勝目までの6年350日は、ツアー史上4番目に長いブランクだった。豊富な優勝経験を持つベテランキャディの保科隆氏に助けられ、通算50勝の不動裕理プロからはメンタル面のアドバイスをもらった。そして、そんな「支えてくれた皆さん」の中で、彼女にとって大きな存在となっているのが「エリナ党」である。

「エリナ党」とは、原プロの出場全試合にメンバーが訪れ、プレー内容を細かく記録し、ブログにアップしているグループだ。ショットの「飛距離」「方向性」「球筋」から、「2打目の残り距離」「ライの状態」「パットのラインやカップまでの距離」まで、データは仔細を極める。中心メンバーの小林剛さんが語る。

「2007年11月の原プロの誕生日からブログに書き始めて、初優勝の試合から細かい分析をしています。格安チケットとビジネスホテルを利用して大会コースに行きますが、都合がつかない時は他のメンバーがサポートしてくれます」

 8月21日から開催された「CATレディース」にも、原プロが契約するプロギアのキャップを被った6人の「エリナ党」の姿が。早朝のクラブハウス前で原プロに「おはようございます」と挨拶をすませるとコースに向かった。古くからの「党員」である有原嗣夫さんとともに、小林さんも原プロのラウンドをチェックに向かった。

「会員証や名簿、規則など、何もありません。一度も話したことのない人もいますが20~30人くらいがメンバーです」(有原さん)

 小林さんや有原さんのようにボールの落下地点に先回りしてショットを細かくメモするメンバーもいれば、原プロの近くから「ナイスショット!」「ナイスバーディ!」と声をかけるメンバーなど応援の方法はそれぞれ。

取材・文■鵜飼克郎 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SKE48の顔・松井玲奈 ブレイクきっかけは『マジすか学園』
ナンバーズ4「1234」出たが当せん金額は理論値より低かった
SKE48メンバー 趣味「食べること」で大食漢でも体は細い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。