ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アマゾンも参入!動画配信サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Amazonが、9月からAmazonプライム会員向けに動画配信サービス「プライム・ビデオ」を開始することを発表し、関心を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

プライム会員は、年会費3900円を払えば、無料で「お急ぎ便」や「お届け日時指定便」を利用できるなど、様々な特典がある会員制度。プライム会員であれば「プライム・ビデオ」利用にあたって追加料金はなく、実質月額325円で動画見放題になる。Amazonによると、配信内容は「日本やアメリカの映画やテレビ番組、人気アニメ、ファン必見のミュージック・ライブ、バラエティ番組やアワードを受賞したAmazonオリジナル作品」など。具体的なラインナップの発表はこれからとなる。

9月2日には世界最大手の動画配信サービス「Netflix」が日本上陸予定で、先日ベーシックプラン650円、スタンダードプラン950円など3つの料金プランを発表。また8月31日からはCCCの手がける「TSUTAYA TV」が、これまで上限があった月額1008円のプランを「見放題」に設定するなど、定額動画配信サービスの話題がホットなタイミングだけに、ネットユーザーたちの注目度も高い。

「9月からNetflixも始まるし、Amazonが本気であればhuluも交えて定額動画配信サービスは三つ巴の様相。
ただ、現在国内一強のhulu、オリジナルコンテンツに力を入れてるNetflixと比較するとラインナップに疑問かな。
それと一括年会費という支払い方法も壁」
「うーん、DISCAS切るか。Amazonプライムの動画配信のが安上がりかも。今後のラインナップ次第」
「Amazonプライムの動画配信気になるなぁ。huluとかdTVくらい作品数あったらいいんだけどな~!」

など他サービスと比較し、「プライム・ビデオ」のラインナップ発表を心待ちにする声が多数投稿されている。

いよいよ動画配信サービスの競争が本格化しつつある気配。あなたはどのサービスに心惹かれる?
(花賀 太)
(R25編集部)

アマゾンも参入!動画配信サービスはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

有料ネットTV 普及のカギは
アマゾンが生鮮食品 便利?怖い?
競争激化!おウチ映画サービス比較
「Chromecast」の魅力とは
テラハ新作は有料配信に向いてる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。