ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん予防につながるのは? 白より赤ワイン、殻付き落花生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 がんリスクに大きく作用すると言われているのが食生活。普段の食の“選択”でリスクを軽減することもできる。

 たとえば、麺類。山菜うどんとトマトソースのパスタ。どっちががんリスクを高めるのだろうか? お答えはうどんだ。予防医療にも力を入れ、著書に『がんにならない人の50の習慣』(幻冬舎)などがある、たまプラーザ南口胃腸内科クリニック院長・平島徹朗さんはこう解説する。

「胃がんリスクを高めるものに、塩分があります。うどんとパスタ、各1食分の糖質は、それぞれ52g、55.6gとほぼ変わりません。うどんはつゆと合わせて約6gもの塩分が含まれていますが、パスタは塩分がゼロなので、ソースの塩分(約3g程度)のみ。また、トマトには抗酸化作用を持つ成分リコピンが含まれるため、がん予防も期待できます」

 体によいといわれるワイン。では、胃がん予防につながるのは、白ワインではなく、赤ワインだ。“老化による免疫力の低下”ががんを進行させるという観点から、免疫療法に力を入れている、横浜クリニック院長、日本抗加齢医学会専門医の青木晃さんはこう話す。

「赤ワインに含まれるポリフェノールには、胃がんの原因となるピロリ菌を除菌する働きがあります。一方、リースリングなどの辛口白ワインは、リンゴ酸などの有機酸が豊富で、腸内の悪玉菌を抑える作用が強く、大腸がんのリスクを下げるといわれています。どちらも女性の適量は約2杯。それ以上は飲みすぎによるがんリスクを高めますのでご注意を」

 手軽に食べるピーナッツ。バターピーナッツと殻つきの落花生では、どっちががん予防につながるの? それは落花生。

「ナッツ類に付着するかびには、アラフトキシンという発がん物質が含まれることが多いので、殻でガードされた落花生のほうがリスクは下がります。また、茶色い薄皮には抗酸化作用があるポリフェノールの一種、レスベラトロールが豊富です。渋いと敬遠せず、がん予防につながると思って、積極的に薄皮も食べましょう」(青木さん)

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加
自分の子への子宮頸がん予防ワクチン 女医の中でも慎重派多数
飲酒によるがんリスク 男性より女性のほうが影響受けやすい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP