ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柴咲コウ主演「女ばかりの大河ドラマ」に惨敗ドラマとの共通点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 主人公も制作陣も「おんな城主」となる、異例の大河ドラマがスタートする。NHKは2017年の大河ドラマが『おんな城主 直虎』に、主演が女優の柴咲コウ(34)に決まったことを発表した。戦国時代、後に大老・井伊直弼を輩出する井伊家を滅亡の危機から守り抜いた女性・井伊直虎を描く。柴咲はNHKのドラマ初出演となる。

「『八重の桜』(2013年)の綾瀬はるか、『花燃ゆ』(2015年)の井上真央など、今まで大河の主役を演じてきた女性は過去にNHKの他のドラマ出演経験がありましたが、一度も経験がない柴咲が大河の主役に抜擢されるのは異例です」(NHK関係者)

 制作陣も異例の体制で臨む。脚本家は『JIN-仁-』(TBS系)などの森下佳子氏、チーフプロデューサーは岡本幸江氏と、「おんな城主」というだけあってか、主演、脚本、プロデューサーには女性がズラリと並んだ。これも大河史上初だ。理由についてNHK広報局は、

「チーフプロデューサーの岡本さんが『直虎をドラマで扱いたい』と思い、脚本をお願いするなら森下さんだと確信していた。柴咲さんは強さとかわいい面を持ち、直虎の活躍した年齢と近いのでお願いしました。(女性ばかりになったのは)結果的にそうなっただけ」

 としている。ただ、すでに不安の声が上がっている。井伊直虎という一般的には知名度が低い人物を取りあげること、さらに主役が女性であること。現在放映中の久坂玄瑞の妻を描いた『花燃ゆ』と同じ構図だ。視聴率が一桁の回も多いなど苦戦が続いているのは周知の通り。

『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)の著者で、ドラマウォッチャーの田幸和歌子氏はこういう。

「大河ドラマはメジャーな人物のダイナミックな生き様を描いたものが主流。女性目線でのドラマ作りとなると、支え合う光景を描く朝ドラのようになってしまう危険があり、大河ドラマファンが離れてしまう可能性があります」

 血湧き肉躍る大河ドラマになればいいが。

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚
井上真央 『花燃ゆ』特別展でノースリーブ姿でドラマ見所語る
剛力彩芽が走る、走る! 19歳の疾走シーンを独占撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。