ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

録音とスクショ 親が子供のいじめ被害を証明するための方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 後を絶たない、いじめに関するニュース。しかし、いじめ被害を訴えても、その証拠がなければ、学校や加害者の親に相手にしてもらえない可能性がある。もしも被害者側になってしまったら、証拠を揃えて、いざという時に叩きつけられる準備をしておきかなければならないというわけだ。では、具体的にはどうすればいいのだろうか。

 いちばん効果的な証拠は、被害者と加害者がはっきり映っているいじめの現場映像だ。しかし、いじめを受けている時に、被害者がそれを撮影するのは難しい。そこで、次善策としておすすめなのが、被害状況の録音だ。著作に『いじめと探偵』(幻冬舎新書)がある、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラーでT.I.U総合探偵社代表の阿部泰尚さんが、解説する。

「今は薄くて小さいICレコーダーがあるので、それを服の袖やズボンのゴムなどに縫いこんでおき、いじめがあった時に本人が録音します。私も実際の証拠集めで、依頼者のお子さんに使ってもらっていますが、証拠として成立する音声がちゃんと録音できますし、相手にバレたこともありません」

 勇気がいる行動だが、「証拠があればなんとかなるかもしれない」と、スパイ気分で子供は頑張るケースが多いという。

 最近は脅迫メールを送ってきたり、ツイッターやLINEで悪口を書くといういじめが増えている。これらの文面や画像も証拠になるので、必ず残しておきたい。

「メールはそのまま保存し、プリントアウトしておきます。また、スマホには、表示中の画面を保存する“スクリーンショット”という機能があるので、事前にお子さんに教えておき、悪口が送られて来たら、すべて保存するように伝えてください」(阿部さん)

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
奥田英朗の最新作は中学内でのいじめ死亡事件がテーマの作品
ヘイトスピーチ問題に取り組む著者がネット私刑の闇に迫る書
佐世保小6同級生殺害事件を振り返り家族他関係者取材した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP