ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の生ビール100種が集結! ハウステンボス「ビール祭り」に潜入してみた  

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ビール祭り“といえば、毎年秋にドイツで開催される「オクトーバーフェスト」が有名だ。

しかし本場ドイツに負けず劣らずのビール祭りが、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」で開催中だ。今回、長崎のお隣である佐賀県在住の著者が、実際に現地に潜入してきたぞ!

湿気を含んだ熱気、ミンミンと鳴く蝉の声。

九州北部が梅雨明けした7月某日。この日の佐世保はうだるような暑さで、少し歩くだけで汗が吹き出してきた。気温は30度、気分は不快だが絶好の“ビール祭り“日和だ!

汗でドロドロとメイクが溶けていくなか、祭り会場が設置されたハウステンボスの噴水広場に向かう。

噴水広場の特設会場にはお祭りらしく出店が並び、ビールサーバーがずらっと設置されていた。

生ビールのラインアップはなんと50種類以上! 国内各社の氷点下アルコールや女性でも飲みやすいフルーツビール、本場ドイツやベルギーの本格派ビールなど、メニューを見るだけでテンションが上がってくる。

その他にも、血糖値が気になる人向けの糖質・プリン体ゼロビール、ノンアルコールドリンクも揃っており、ビールを控えたい人も楽しむことができる。

さっそく注文してみた。お目当てのビールが決まれば、商品名か番号で注文すればOKだ。

 

1品目:ハウステンボスオリジナル ベールエールビール(420ml)原産国:日本 1,300円

せっかくハウステンボスまで来たので、乾杯はハウステンボスのオリジナルビールで! ベールエールは苦味が強すぎず、フルーティーでのどごし爽やかな味わいだ。

「世界ビールサミット」で金賞を受賞した福岡のビール職人さんが、大麦やホップ、水にまでこわだりぬいて作ったビールだそうだ。汗だくのカラダにベールエールがどんどん染み込んでいく……ああシアワセ。

 

2品目:揚げにんにく 500円

ビールがおいしいとおつまみも欲しくなってくる。ビール祭りでは20種類のソーセージとおつまみが販売されており、どれもビールにぴったりの本格的なメニューだ。

まずはにんにくの実をたっぷりの油で揚げた「揚げにんにく」を注文。塩気の効いたアツアツのにんにくが口いっぱいに広がって、キンキンに冷えたビールとの相性は抜群!

おつまみの中では「にんにく祭り」も開催されており、「タコから揚げにんにく醤油味」(500円)や「チリ&ガーリックシュリンプ」(500円)など、名前を聞くだけでヨダレが出そうなメニューが並んでいた。この際、食後のニンニク臭は諦めて、とことんにんにくメニューを食らおう!

 

3品目:ゲルダーレンダー 800円

喉がカラカラ、かつ空きっ腹の状態でベールエールを一気飲みしたせいか、1杯目にして酔いが回ってきた。真夏のビールの浸透力と言ったら! ここはもう一品食べて、お腹を満たしておきたい。

 

そこで注文したのがおつまみ人気ナンバーワンの「ゲルダーレンダー」。ドイツ国際コンクールで6回金賞を受賞した、ビールの国・ドイツのお墨付きソーセージだ。

皮はパリっとした歯ごたえがあり、一口かじると中から肉汁がしたたる。濃厚な肉味がたまらず、ずっとパリパリ食べていたいやみつきの逸品だ。

口の中がソーセージの塩気でいっぱいになったら、ビールをぐいっ。ああシアワセ(2回目)。

 

4品目:ミスティック ピーチ(250ml) 原産国:ベルギー 700円

ここまで男臭いメニューが続いたので、ビールが苦手な女性でも飲みやすい甘めのビールをご紹介しよう。

こちらはホワイトビールにピーチ果汁をブレンドした「ミスティック ピーチ」。グラスに口を近づけると、ふわっと桃の香りを感じる。すっきり爽やかなフレッシュ感がたまらないが、後味には少しだけビール独特の苦味もある。アルコール度3.5度なので、ビールが苦手な人でも飲み物としておいしくいただけるはずだ。

 

もう何種類かビールを紹介したかったが、今回はここでタイムアップ! ぼっちで行ったため、4品でお腹いっぱいになり諦めざるをえなかったのだ。行くならばグループでもっと多くの種類をシェアしながら楽しむのがオススメだ。

ハウステンボスのビール祭りは2015年11月3日(火)まで開催中。夏バテ気味の人は美味しいビールをたくさん飲んで、夏の暑さを吹き飛ばそう!

 

イベント情報

ビール祭り – ハウステンボスリゾート

書いた人:らいら

1987年佐賀県生まれ、佐賀在住のリモートライター。記事のジャンルはAppleやniconico関連が主だが、執筆の合間に食べるコンビニおやつも同じくらい愛している。好きな食べ物は九州のとんこつラーメン、冷凍うどん、チョコレート。
Twitter:@lyrahm
ブログ:http://lyra.blog.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP