ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清宮福太郎 野球の実力のみならずビッグマウスも兄に劣らず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園で2本塁打を打った早実の1年生・清宮幸太郎の弟、福太郎(早実初等部6年)が米国で開催されているリトルリーグ世界選手権大会のメキシコ戦(日本時間8月24日)で、代打ホームランをかっ飛ばした。米国のスポーツ専門局・ESPNは、「彼の兄は3年前の大会でモンスター級の活躍をした。彼も同じなのか!」と伝えた。
 
 リトルリーグ世界選手権大会は、世界の代表計16チームで争われる“子供版WBC”だ。兄・幸太郎は3年前の中学1年の時に日本代表として出場し、世界一になっている。その際、推定飛距離94メートルという特大弾を打ち込み、観戦していたヤンキースのジラルディ監督に「彼ならメジャーで生き残れる」といわしめた“伝説”がある。
 
 準決勝のベネズエラ戦(27日)でも安打を放って活躍。兄に負けない“メジャー級”のインパクトを残した。
 
 福太郎も兄と同じ東京北砂リトルの所属。6年生である福太郎は控え選手として参戦したが(*注)、12歳ながら164センチ、67キロと同学年では頭ひとつ抜けており(平均身長149センチ)、“怪物”の予感は十分だ。

【*注:リトルリーグの試合は通常、小学6年生までしか出場できないが、世界大会は米国の新学期(9月)に合わせて中学1年生まで参加できる】
 
 すでに風格もある。福太郎は試合後、「お兄ちゃんは中1で。自分は(小学)6年生で打てて。少しですけど、上いったかな、みたいな」と兄と同じくビッグマウス発言。
 
「幸太郎君がリトル世界一になった時も、福太郎君は両親と一緒にスタンドで観戦していて『僕も打ちたい』と負けん気を見せていた。その実力のみならずビッグマウスぶりも兄に劣らない」(スポーツ紙の担当記者)

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
息子が元チームメートの清原氏と清宮氏 対照的なサポート法
「和製ベーブ・ルース」15歳中学生 練習で160m弾連発する
大阪桐蔭式のフルスイング野球を早実・清宮幸太郎がやったら

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP