ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国のミスなのに 突然「払いすぎた年金返せ」で老後破産危機

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年金受給者は皆、呆れ顔になったに違いない。8月24日の朝日新聞にこんな記事が掲載された。『ミス1万件超 発足後5年、未払い・過払いも』──。

 記事によれば、年金機構の事務処理ミスは2010~2012年度は約2000件で推移したが、2013年度は4871件、2014年度は4142件と急増。ミスに起因する未払いや過払いなど年金額への影響は約89億円に及んだ。

 特に問題なのが、一度受給した年金を国に返納しなければならない「過払い」だ。本誌が年金機構の資料を集計した結果、過払いは2013年度598件(約4億9000万円)、2014年度716件(約4億7000万円)など5年間合計で2162件、約18億2000万円に上った。1人あたりの返還請求平均額は約80万円だ。

 中には請求が百万円単位になるケースもある。北海道のAさん(70代)は今年5月、自宅を訪ねてきた年金事務所の職員から「年金を払い過ぎたので返納してほしい」と告げられた。請求額は4年分で約140万円。原因は「加給年金」の処理ミスだった。

 加給年金とは簡単にいえば「扶養手当」のようなもので、年金受給者に扶養対象である配偶者(65歳未満)や子供(18歳以下)がいる場合、対象者1人あたり年間22万4500円(3人目以降の子供は1人あたり7万4800円)が上乗せされる仕組みのことだ。

 この加給年金は配偶者が65歳になると打ち切られるが、一定の基準を満たせば「振替加算」として、定められた額が配偶者の年金に上乗せされる。配偶者の厚生年金などの加入期間が20年未満であることが条件だが、Aさんの場合、妻に20年以上の加入期間があったにもかかわらず、事務処理ミスで加算されていた。

「余分に貰っていたのだから返還するのは仕方がない。でも月々の年金額を基本に生活設計していたので、いきなりそんな大金を出せといわれても……」(Aさん)

 愛知県のBさん(80代)は年金事務所に問い合わせたところ過払いが判明した。

 Bさんは私立高校で20年教員を務め退職したのち、私学共済を抜けて国民年金に加入した。私学共済と国民年金は重複加入できないためだ。しかし私学共済に加入していた教員時代に、なぜか国民年金に重複加入していたことになっていた。

「20年も長く国民年金に加入していたことになっていた。結果、本来もらえる額の倍近い国民年金を受給していたのです。その結果、過払い金が過去5年分で約350万円。急にそんな大金を用意できない。気づかなかった私も悪いのですが……」(Bさん)

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
就職前に年金払っていなかった人々 任意加入で受給額増加可
サラリーマンから個人事業主まで すぐにわかる年金の仕組み
年金の仕組み 国民年金は「素うどん」で厚生年金は「天ぷら」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP