ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

節約調理の裏ワザ パスタをフライパンでゆでれば時間短縮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 節約調理のコツは、いかに加熱時間を減らすかにあると、料理研究家の野口英世さんは言う。

「オススメはフライパン調理。底が広く浅いので、沸騰しやすく、パスタなどのゆで時間を深底鍋の半分ほどに短縮できます」

 また、効率がいいのは、同時調理。たとえば、ご飯(2合)を炊く時に、アルミホイルで包んだじゃがいもと生卵(各2個ずつ目安)を一緒に入れておけば、ポテトサラダの下ごしらえまでできる。

「煮物を作る際、落としぶたをし、その上に小松菜やキャベツなど、アクの出にくい葉物野菜をのせて、さらにふたをしておけば、同時に蒸し野菜が完成」(野口さん)

 中火で約9分調理すると2.5円かかる。同時調理で、調理1回分が短縮されると年間約913円分が浮く。家事の時短にもなって、Wでお得!

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
様々な調理にも使える圧力鍋 おすすめホットパスタレシピ紹介
節約テク 炊飯器で保温4時間超えなら電子レンジで温め直しを
放射能汚染 今後問題となるのは葉物野菜ではなく「根菜」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP