ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【未来のバッテリーはこれだ!】超高速、1分で充電完了、低コストで安全性も高いアルミニウムイオン電池

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンなどのガジェットを日々持ち歩いている現代人には、バッテリー切れや充電の問題が常につきまとう。

・超速度で充電可能、アルミニウムイオンの新しいバッテリー

より優れた新しいバッテリーを生み出そうと、さまざまな取り組みがなされているが、スタンフォード大学のHongjie Dai氏らを中心とする研究チームでは、アルミニウムイオンを基盤としたバッテリーのプロトタイプの開発を進めている。

現在主流であるリチウムイオンバッテリーと比べても優れた点が多く、高速で充電が完了するという。

・十分な電圧を発生させられるように改良

アルミニウムイオンバッテリーが抱える問題として、度重なる充電サイクルの後に、十分な電圧を発生させることができないという、重大な問題を抱えていた。

チームでは、陽極と陰極に黒鉛を素材に用いることで、約2ボルトという十分な電圧を生み出すことに成功した。しかも、数千回の充電サイクルの後でも変化はなかった。

・フレキシブルな素材で、曲げても大丈夫!

この新バッテリーは、わずか1分以内で充電ができる上、フレキシブルな素材になっていて、曲げることもできる。

つまり、さまざまなガジェットの内部構造に合わせ、フィットさせることができるということだ。

・コストも安く、安全性でも優れる

また、アルミニウムはリチウムに比べてコストが安いので、大量生産に向いている。

利点はそれだけではない。リチウムイオンバッテリーと比較して、安全性という意味でも優れている。

リチウムイオンバッテリーはある条件下では発火する可能性があるが、アルミニウムイオンバッテリーの方は、たとえバッテリーの作動中にドリルで穴をあけたしても、発火することはない。

・さらなる発電効率向上を目指す

ただ、全く問題がないわけではなく、これまで開発されてきたアルミニウムイオンバッテリーよりも、高い発電力をもっているとはいえ、平均的なリチウムイオンバッテリーが3.7あるいは4.2ボルトの発電性能をもつことと比べると、まだどうしてもパワー不足感は否めない。

チームでは今後、この課題に取り組み、大量生産化を目指したい意向だ。

コストは安くて安全性は高い、かつ高速度で充電可能で、長い充電サイクル寿命を誇る、まさに夢のようなバッテリー。一刻も早いローンチが待たれるところ。

Stanford University aluminum battery 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP