ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【防災の日】年に一度は「防災」について考えよう。新発売の「防災セット」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月1日は防災の日。普段忙しくてなかなか「もしも」の時のことは考えられなくても、この日くらいは災害時の安全について考えたいもの。そこで、災害時にあなたを守ってくれる、新発売の「防災セット」をまとめて紹介しよう。「まだ家にない」、「あるけど何年前に買ったかわからない」なんて人は特に必見!

1.【ディノス・セシール】「サバイバルローラーバッグ ディノス特別セット(1~2人用)」
大きな災害が発生した場合に、一般的にライフラインが復旧するのにかかる2~3日を乗り切るために必要な、大人2人分のアイテムが詰まったコンパクトな防災セット。阪神淡路大震災で被災し、その後防災士の資格を取得した田中廣さんが開発した、被災時に本当に必要な24アイテムが入っている。15,000円(税抜)。(http://www.dinos.co.jp/p/1267000158/)

2.【ミドリ安全】「個人向け防災用品セット 充実BOX Ⅱ」
安全靴や作業着等を販売する「ミドリ安全」の通販サイト「ミドリ安全.com」から販売されている防災用品のセット。3種のアルファ化米と保存用飲料水やビスケット、防寒シートなどがセットになっていて、これ1つで3日分の食料を補うことができる。価格は 5,184円(税込)。(http://ec.midori-anzen.com/shop/g/g4082100143/)

3.【フェリシモ】「FELISSIMO スペースエマージェンシーキットの会」(6回予約コレクション)
ブランケットやポンチョ、ライトなどの防災グッズを、毎月1種類ずつ、6ヵ月かけてそろえられる企画。価格も、月1個または1セット 2,000円(税抜)<発売記念価格は1,200円(税抜)>と、お手頃。 “ごつい”イメージがある防災グッズだが、普段使いできそうなアイテムが多いのもうれしい。(http://www.felissimo.co.jp/s/pr150825/2/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP