ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xposedフレームワークがv72でAndroid Lollipopを正式サポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリを改変することなく標準ではサポートされていないカスタマイズ機能を利用できるようにする「Xposed フレームワーク」が v72 にアプデートされ、最新の Android Lollipop 5.0.x / 5.1.x を正式にサポートしました。Lollipop 用の Xposed フレームワークはこれまで、外部の有志によってメーカー / 機種ごとに開発されてきましたが、本家が公式にサポートしたことで公式の Xposed フレームワークをインストールすることで、機種によらず Xposed モジュールを利用することができます。それでも、Xposed フレームワークは Xposed インストーラーから分離しており、カスタムリカバリを利用して、Xposed フレームワーク(xposed-v72-sdk22-arm.zip など)を個別にインストールする必要があります。また、Lollipop 用の Xposed フレームワークは CPU タイプと API レベルによっても分けられています。Android 5.0.x は「xposed-v72-sdk21-arm / arm64 / x86.zip」を、Android 5.1.x は「xposed-v72-sdk22-arm / arm64 / x86.zip」を利用します。arm は 32bit ARM CPU 用、arm64 は 64bit ARM CPU 用、x86 は Intel プロセッサ用です。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Skypeがv5.11でヘッドアップ通知や通知からの操作に対応
OPPO、9月8日にFCバルセロナと共同イベントを開催、OPPO R7のコラボモデルを発表か?
Android版Gogoleマップがv9.14にアップデート、ナビメニューがリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP