ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

消費電力ゼロの竹製スピーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


一見、何に使うかわからない竹の筒。先端は斜めにカットされ、後部には切れ込みがあります。一輪挿し? なにかのカバー? 新手のインテリア? いえいえ、これはスマホ用のスピーカー。後部の切れ込みにスマホを縦に挿して使います。

【もっと大きな画像や図表を見る】

その名も『Bambooスピーカー』。スマホから出た音が内部で反響し、スピーカーの役割を果たします。消費電力はもちろんゼロ。電源ケーブルもWi-FiもBluetoothも関係なし。どこにでも持ち運んで使えます。

『Bambooスピーカー』で使われている竹は、フィリピンのセブ島のもの。製品もセブ島の職人がひとつひとつ手作りで仕上げています。耐久性を増すために、竹は3カ月ほど自然乾燥され、塗装も職人の手染め。竹には成長の段階でついたキズや模様があるため、色合いや見た目が同じ製品はこの世に2つと存在しません。

製造元のloudbasstardは考古学者と建築家兼インテリアデザイナーの2人が立ち上げた異色のブランド。セブ島に滞在中、仲間がスマホをコップの中に入れて音楽を響かせたのが、この製品が生まれたきっかけなのだそう。ベストな音を追求して、様々な素材をテストした結果たどり着いたのが、セブ島にある豊富な竹だったというわけです。

非常にシンプルなデザインではあるものの、当然、竹にスマホが収まる切れ込みを入れただけではありません。先端に特別に設計したスリットが入っているのも、やわらかい音が出るように試行錯誤した結果なのだとか。

カラーバリエーションはナチュラル・ホワイトウオッシュ・チャコールなど全8色。部屋のインテリアに合わせて選べます。無機質なガジェット類に比べて、植物のあたたかみを感じる『Bambooスピーカー』。セブ島の竹が奏でる音楽を聴いてみてください。

(井上マサキ)『Bambooスピーカー』(loudbasstard/価格:8424円)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

消費電力ゼロの竹製スピーカーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「身体にまつわる都市伝説」の過去記事一覧
女心がわかる!? ホンネの恋愛事情 記事一覧
毎日更新中【激撮!感動の一瞬】
気になる“あのコ”のシゴトーク
あのニオイのもとを探究せよの過去記事一覧

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP