ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついにAndroid WearがiOSに対応、iPhoneでも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google がスマートウォッチ OS「Android Wear」を iOS に対応させたと発表しました。Android Wear はこれまで、Android 4.3 以上にしか対応しておらず、iPHone では利用できませんでしたが、新たに Android Wear のコンパニオンアプリ「Android Wear for iOS」がリリースされ、これをインストールすると、iPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plus でも利用できるようになりました。対応 OS バージョンは iOS 8.2 以上です。現時点で iPhone でも動作するのは「LG Watch Urbane」のみ、この機種で利用できる機能は一部に限定されており、Huawei や Motorola、ASUS より今後発売されるスマートウォッチは全ての機能を利用できるそうです。主な機能は、着信や SMS、通知を時計画面に表示することや、“OK,Google” コマンドによる音声検索、常に画面を表示機能(Always-On)、フィットネス情報を表示(ゴールや日別・週別のアクティビティ、ランニングやウォーキングも自動認識、心拍数の計測)など。(参考)Android Wear の魅力を伝える紹介動画LG Watch Urbane 開封の儀Android Wear for iOS」(AppStore)Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
LGの新型Nexus 5は5.2インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 808プロセッサ、2,700mAhバッテリーを搭載か?新たなリーク情報
Lenovo、6.8インチ大画面スマートフォン「Lenovo Phab Plus」を発表
Qualcomm、Snapdragon 820向けにリアルタイムなマルウェア対策機能「Snapdragon Smart Protection」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP