ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドファンディングとは?日本国内のサイトを種類別にまとめました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、いいオフィス支配人の勢古口です。
皆さんクラウドファンディングという言葉を聞いたことはありますか?

日本ではアメリカに比べるとまだ市場が成熟していませんが、3、4年前からちらほらとクラウドファンディングという言葉を聞くようになり、多くのサイトが国内でもリリースされてきました。ただ成功しているところは少なく、昨年には50以上のクラウドファンディングサイトが姿を消しました。

その中で、現在も残っている日本のクラウドファンディングのサイトを種類別にご紹介します。クラウドファンディングって何?と思っている人は参考にしてください。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは起業家やクリエイターなどが資金調達のために利用していて、アメリカを中心に広まっているサービスです。

仕組みとしては、たとえばアイデアがあっても開発資金が手元にない、という場合にアイデアをインターネット上に公開して、賛同する投資家が資金提供を行い、投資家は支払った金額に見合ったリターンを受けるという形です。
そうすることで資金力が乏しい中でも、多くの新しいアイデアが生み出せるのです。

そしてこのクラウドファンディングにも、いくつかの種類があります。
下記では種類別に注目のサイトをご紹介します。

購入型クラウドファンディングサイト

プロジェクトや事業に対して、パトロンのような形で支援するサービスです。リターンとしてモノやサービスが受け取れます。

Makuake


https://www.makuake.com/

CAMPFIRE


http://camp-fire.jp/

READYFOR?


https://readyfor.jp/

投資型クラウドファンディングサイト

お金を借りたい企業や個人が、多数の投資家よりお金を借りることができます。投資家は融資しているお金に対して、元本と利子をもらうサービスです。
低い預金金利を続けていく中、新たな資産運用として注目されています。

maneo


https://www.maneo.jp/

クラウドバンク


https://crowdbank.jp/

寄付型クラウドファンディングサイト

寄付型はその名の通り、プロジェクトに対し寄付をするというもので、リターンというものはありません。
地域支援であったり難病の方への治療代の寄付などがあります。

JAPANGIVING


http://japangiving.jp/

ガバメントクラウドファンディング ふるさとチョイス


http://www.furusato-tax.jp/gcf/index.php

最後に

2014年5月に株式型クラウドファンディングが法制化し、成長企業への投資が今までよりも簡単にできるようになってきました。
しかし、株を昔から運用している方はご存知でしょうが、安易に手を出すとリスクもそれなりについてくるため、初心者の方には難しいところもあるかもしれません。

現在では用途別に様々なクラウドファンディングがあるので、自分にあったサービスをご利用ください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP