ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テスラ、Airbnbの貸し家を電気自転車用充電ステーションに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国では、環境意識の高まりに伴って、近年、電気自動車(EV)が徐々に増加。

2014年の米国での電気自動車の販売台数は、世界全体の4割弱にあたる12万台を超え、2013年に比べて約26%増加している(InsideEVs.comの調べ)。

電気自動車の普及をさらに進めていくためには、充電インフラの整備が大きな課題だ。

・テスラモーターズとAirbnbがEV用充電設備の拡充で提携

米電気自動車メーカーのテスラモーターズ(Tesla Motors)は、8月20日、空き部屋マッチングサービス「Airbnb」と提携。

Airbnbに登録している貸し家に、電気自動車用の充電設備を無償で提供するキャンペーンを開始した。

このキャンペーンの応募対象は、Airbnbの基準で5以上の予約実績と4以上のユーザー評価を獲得している、カリフォルニア州沿岸部の一軒家。

オンラインから応募された物件をテスラモーターズが審査し、合格した物件には、設置費用をオーナーが負担した上で、順次、充電設備が提供される。

このキャンペーンを通じて、すでに15軒がテスラモーターズから充電設備の提供を受けており、今後、100軒をめどに展開していく方針だいう。

・充電ステーションの拡充が、電気自動車の普及を後押し

テスラでは、独自のプロジェクト「Destination Charging」を通じて、ホテルやレストラン、ショッピングモール、リゾート施設など、全米750カ所以上に充電設備を設置済み。

これらの取り組みに加え、Airbnbに登録する貸し家をも、“充電ステーション化”することで、電気自動車ユーザーの利便性を高め、ひいては、電気自動車の利用促進につながることが期待されている。

Airbnb | Tesla

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP