ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

非常食 日用品使った「ローリングストック法」で防災対策を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月1日は防災の日――。東日本大震災以降、大きな災害に備えて「防災グッズ」を大量に買い揃える家庭も増えたが、その保管状況について継続的に見直している人は少ないのが現実だ。

「東日本大震災が起きたとき、近所のスーパーやコンビニの棚が空っぽで買い物に困った経験があるので、自宅には保存期間の長い乾パンや水やお湯を注ぐだけのご飯など“非常食”をストックしてきました。

 でも、先日、気付いたらほとんどの食品が賞味期限を過ぎていて、ごっそりと捨てました。いまは、おいしくもない非常食をまた新しく買い替えようという気がなかなか起こりません」(神奈川在住の30代主婦)

 備蓄意識があるだけ、まだいい。アサヒビールが2012年8月に実施したアンケートによれば、非常食を含めた防災グッズの準備について、「考えているもののまだ行っていない」と回答した人は46.7%、「特に準備するつもりはない」と答えた10.7%と合わせると半数を超えた。

 震災からわずか1年後の調査、しかも、被害が少なかった西日本エリアで準備していない人の割合がさらに多い結果が出ていたことを考えると、全国的な危機意識は一層薄くなっているかもしれない。

 非常食の備蓄が進まない背景には、前出の主婦のように「おいしさは二の次」というイメージが根強かったことが大きい。だが、近ごろは「味気ない」と思われてきた非常食も格段に進化している。

 例えば、長期保存食製造大手の尾西食品は、炊きたてのご飯を急速乾燥させ、水を入れても60分で食べられる「アルファ米」で有名だが、白米のほか、五目ごはんや松茸ごはん、ドライカレー、エビピラフなど豊富なラインアップを揃えている。

 また、江崎グリコやハウス食品は加熱しなくても食べられる常備用のレトルトカレーを発売済み。5年程度の長期保存が可能なうえ、栄養価や風味が失われないよう開発されており、「おいしさ」を重視しているのが特徴的だ。大手食品メーカーでは、グリコの「ビスコ」やヤマザキナビスコの「リッツ」などロングセラーの菓子類でも長期保存が可能な缶入り商品が多数販売されている。

 そして、個食のインスタント食品人気に加え、保存に適した加工技術から非常食としての需要もジワジワと高まってきているのが、フリーズドライ食品だ。生鮮食品から調理済みの食品まで“何でも”いったん凍らせて真空状態にし、中の水分を抜くことで乾燥させている。

 フリーズドライ食品大手の天野実業では、アマノフーズブランドで味噌汁やスープのほか、パスタやリゾット、鍋にいたるまで常時200種類以上の商品を販売している。

 同社商品の賞味期限はほとんどが1年と非常食にするには短めだが、日頃食べた分を補充しながら有事にも備えられる利便性を広めようと、8月31日より詰め合わせ商品『食べながら備えるローリングストックBOX』をウェブ通販限定で発売した。

「ローリングストックとは、普段から使用している日用品を多めにストックしておき、使用した分を小まめに補充しながら有事の際には非常用としても活用する方法のことです。

 保存食というと、どうしても買っただけで満足してしまい、賞味期限の管理を忘れてしまいがちです。でも、日常的に消費している商品を備蓄にも回すのであれば難しくありませんし、防災意識も身近に感じられると思います」(天野実業・広報担当の中村勇也氏)

 首都直下型地震を見据えた緊急対策推進基本計画では、「最低3日間、推奨1週間の水や食料」の備蓄が望ましいとされている。

 確かに、日頃から食べ慣れない非常食をどっさりと袋につめてタンスの奥にしまっておくぐらいなら、味もおいしくバリエーションに富んだインスタント食品を素早く持ち出せたほうが、いざという時によほど役立つはずだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最新防災アイテム 投げる消火器、携帯充電できるラジオ
食べながら“いざ”に備える食料備蓄法・ローリングストック
避難生活で暖をとるにはラップやアルミホイルを体に巻く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP