ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白物家電を買うなら9月が狙い目 最終価格は約6割まで下がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月ももう終わり。家電量販店では華やかな夏休みバーゲンも終了し、お買い物はひと段落、なんて思っていませんか? しかし、「白物家電を買うなら“秋”、それも9月が狙い目なんです」と語るのは家電コンシェルジュの神原サリーさん。はたして、その理由とは?

 何となく耳にしたことがある「家電を買うなら9月」という言葉。その理由としてよくいわれているのは、家電量販店の決算時期が9月だからというもの。でも、ビックカメラの決算セールは8月、ヨドバシカメラやヤマダ電機は3月が総決算。中間決算はあるものの、「9月ならでは」とはいい難い。コレってやっぱり、都市伝説なのかしらん?

「家電メーカーでは、年2回、夏と冬のボーナスを見込んで、新製品を発表します。そして、秋には前年度の商品が型落ちになりますから、その在庫処分もあり、9月を目安に価格が下がる商品が多いのです」(神原さん)

 なるほど、新商品発売との関係だったわけだ。

 まずは値段がどのように下がっていくのかを見ていこう。現役の家電販売員で、白物家電ブログの管理人のAさんはこう解説する。

「家電の多くは、約1年という期間で販売され、最初と最後でビックリするほど値段が違います。

 発売当初30万円の冷蔵庫は18万円に、10万円の洗濯機なら6万にと、最終価格は当初の約6割まで下がるんです」

 それが秋というわけ。秋に向けては、大型の冷蔵庫やドラム式洗濯機、空気清浄機などの発売が開始される。これらを安く買うなら、今、型落ち品を狙うのがオススメだ。

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
白物家電、携帯電話、スマホなど現行モデル購入は9月がお得
夏物家電や食器洗い機「値下がりしていて狙い目」と家電販売員
冬ボーナスで最新家電購入検討なら“半年待ち”が得の可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP