ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有田焼の柿右衛門窯 当代窯主(47歳)と職人35人が技術継承

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 佐賀・有田の柿右衛門窯は江戸時代初期に創業した色絵磁器の名門。人間国宝の父が亡くなり、歴史ある工房で昨年2月より窯主を務めるのは、当代(十五代)酒井田柿右衛門(47)だ。自らが図案を作成した花瓶を眺めながら語る。

「パッと見た時の、白(素地)と赤(色)のバランス、形と絵のバランス、その調和がとれてこそ柿右衛門の焼き物といえます」

 日本で初の磁器・有田焼が佐賀で誕生したのは1616年頃。初代酒井田柿右衛門が色絵付に成功したのは約30年後のことだ。その後、乳白色の素地に十分な余白を残しながら控えめに色絵を描く「柿右衛門様式」が1670年頃に確立されると、ヨーロッパなどに輸出されて各国の王侯貴族が賞賛し、室内装飾に多く用いられた。

 その美意識と技術は、当代と総勢35人の熟練した職人による、完全分業制で受け継がれている。

「成形、絵付、焼成の各工程に30年以上のキャリアを持つ職人が何人もいます。だからこそ、高品質の焼き物を作り続けられます」(当代柿右衛門)

 柿右衛門窯の工房は、「細工場」「絵書座」「仕上場」など、作業工程によって部屋が分かれている。器の成形を行なうのが細工場。ここでは、15人の職人が制作にあたっている。材料となる土をこね、土が手に馴染んだところで、ロクロや型を用いて「成形」する。その後、乾燥させてから「削り」作業で素地の厚みや形を調整。最後に布や筆を用いて丁寧に「水拭き」して、傷や汚れをチェックしながら表面を滑らかに仕上げていく。

 細工場を出た器は、「下絵」を描く前におよそ10時間焼成される。これは「素焼き」と呼ばれ、下絵を描きやすくするうえ、その後の「本焼き」で歪みやひびを減らすことができる。

 素焼きした白い素地は絵書座に移されて、呉須と呼ばれる焼成後に藍色になる絵具で下絵が施される。細い筆で線描き職人が図案の輪郭部を描き、濃み職人が描かれた輪郭線に基づいて濃筆とよばれる太い筆で塗る。

 下絵が終わると仕上場で素地の表面にガラス質の皮膜を作るための釉薬をかけて、乾燥させた後「本焼き」となる。窯出し後は再び絵書座で「上絵」を施し、赤絵窯で焼成。3か月の時間を費やして作品が完成する。

◆十五代酒井田柿右衛門:1968年佐賀県有田町生まれ。旧名・浩。伊万里高校卒業後、多摩美術大絵画学科へ進む。大学中退後、1994年より十四代に師事。2013年、重要無形文化財保持団体(柿右衛門製陶技術保存会)会長に就任。同2月、十五代を襲名する。

撮影■三好和義

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
勝俣州和も絶賛 関西で話題の黒いラーメン「大阪ブラック」
今井翼と歌舞伎共演の片岡愛之助 連日の焼き肉で「破産寸前」
『花子とアン』縁の「筑豊の炭鉱王」邸宅跡 入場者5倍に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP