ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TOKIOショック!『鉄腕DASH!』ついに完成した”世界一のラーメンスープ”にまさかの酷評!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 30日に放送された『鉄腕DASH!!』で、TOKIOが完成させた”世界一のラーメンスープ”が酷評され、話題になっている。

 『鉄腕DASH!!』(日本テレビ系)内の企画『世界一うまいラーメンつくれるか!?』は、日本国内の最高素材で世界一のラーメンづくりを目指す人気企画。前回までで、宗田鰹や真昆布などの出汁素材に三種のブレンド醤油、沖縄アグーのラードを使い最高峰のラーメンスープが出来上がっていたものの、TOKIOの面々は「何かあと一息が足りない」と納得できなかった。

 新たな出汁素材を探し、今回出会ったのはハマグリ。ハマグリ出汁の深い味わいに感銘をうけた山口達也は、幻のハマグリと言われる『鴨島ハマグリ』を探しに島根県益田市へ。地元の漁師は「(伝統漁法で)素人が摂るのはなかなか難しい」と話したが、その横で山口は次々とハマグリを獲得。まさかの才能で漁師を驚かせた。

 直径10cmにもなる10年ものの巨大ハマグリを焼いて試食した山口は、「これだけ大きいのに繊細な出汁(あじ)が出てる」と感動しきりだった。

 ”ラストピース”の鴨島ハマグリを加え、いよいよ完成!と思われたラーメンスープ。
 しかし、番組の最後で『ラーメン界の巨匠』と呼ばれる3人の男たちが完成品を試食すると「何が売りなのかな?」「食いたいなって思う力を感じない」など辛辣なコメントが相次ぐ。まさかの酷評に、TOKIOの面々は大きな衝撃を受けていた。

 これに対しネット上では「達也さんはやっぱり只者ではない」「夕食中であっても飯テロ」「ラーメン三銃士厳しい・・・」「(指摘を聞いたときの)TOKIOの顔がガチすぎた。」といったコメントが寄せられている。

■関連リンク
はるな愛が番組スタッフにマジギレ
アメトークでまた“セカオザ”が名言連発
有吉が旧友の切ない過去を告白

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP