ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、Snapdragon 820向けにリアルタイムなマルウェア対策機能「Snapdragon Smart Protection」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm が年末頃に出荷予定の次世代モバイルプロセッサ「Snapdragon 820」に向けに、「Snapdragon Smart Protect」というセキュリティ機能を発表しました。Snapdragon Smart Protect はウイルス / マルウェア対策機能で、より正確で効率的に個人情報の流出やウィルス感染などを防止すると言われています。Qualcomm によると、この技術はモバイルデバイスにおけるゼロデイマルウェアの脅威を検出することを目的に、端末が未知の脅威を学習するのにも使用されます。近年のマルウェア対策ソリューションはオンラインのデータベースから既存の脅威に関する情報をダウンロードし、それらの脅威が存在しているのかどうかをシステムをスキャンして確認しますが、Snapdragon Smart Protection はデータベースからデータをダウンロードする前であっても新たな脅威を識別できるそうです。なぜこのようなことが可能なのか、それは、Snapdragon Smart Protection が今年初めに発表された新たなコグニティブ・コンピューティングプラットフォーム「Zeroth」上で構築された製品で、悪質なアプリのアクティビティを検出できるようにするために端末自身が学習するからで、例えば、カメラや SMS 機能にアクセスする必要のないアプリが写真を撮したり、SMS を送信しようとするときにユーザーに警告することができるそうです。Qualcomm はデバイスメーカーやアンチウィルスソフトウェアメーカーに対して、Snapdragon Smart Protection の API を公開する予定です。実際には端末標準の機能、あるいはサードパーティのセキュリティlアプリで目にすることになると予想されます。Source : Qualcomm


(juggly.cn)記事関連リンク
XiaomiがMi Pad 2のティザーを開始、デュアルブートシステムを採用か?
Snapdragon 810を搭載したMotorola Bounceの噂が浮上
MotorolaはMoto 360後継のほか、Moto 360 Sportを開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP